シティマラソン2011 作って支えて 23年間

シティマラソン福岡2011のスタッフの一人、お手伝いで従事してきた。まずは、ドーム前の歩道橋の上でシャッターチャンスをうかがう。このポイントは絶好のスタート風景が撮れる。幸い空いていたスペースに潜り込む。トップ集団がすごい勢いで飛び込んでくる。
c0070439_22181358.jpg
後続の集団も永遠と続く。中央分離ラインにはコーンを置いているがはみ出してしまう勢いである。たしか、先頭から最後尾までの通過には5分はかかる。
c0070439_22191076.jpg
だから一周約1kmのヤフードームの周回をトップ集団は3分ちょっとでやってくる。最後尾じゃなく後方集団をあっという間に抜いていく。もちろん計算されていることだから、周回2周目のランナーは東側2車線を走る。そして、次から次に福岡の街に飛び出していく。
c0070439_22194825.jpg
その約20分後にスタートした車いす5kmの部はドーム周辺を複雑に折り返して周回を重ねる。福浜団地付近の折り返し、片側2車線しかないランニングゾーンを、上手いハンドルさばき、いやタイヤさばきでターンをしていく。
c0070439_22205351.jpg
後方の一般5kmランナーも続く。ゴール制限40分が厳しいか緩やかはわからないが、一人ひとりの思いを乗せて折り返しコーンをグルグル回っていく。
c0070439_22214748.jpg
その頃、黒門通り北側の折り返し地帯も大渋滞をしながら折り返していく。でも、この地点は、まだまだ6kmちょっとだから皆元気である。
c0070439_22222910.jpg
じっと見ていたら、ふっと気付く、もうトップ集団は折り返してやってくる時間が迫ってきた。急いで福浜団地裏側に移動する。もちろんチャリ持参だから、移動はお手の物だ。来た来た、トップ選手がやってきた。白バイ2台に先導をして軽快なピッチでやってくる。福岡大学のユニフォームだ、陸上部ならば速いはずだ。2位以下のランナーが全く見えない。
c0070439_2224715.jpg
そして、当仁中学校の反対側の最後の給水所の状況も確認する。19km手前だから、根も精も使い果たしたようなランナーが次から次とやってくる。でも油断は禁物だ。この先にも、最後の関門が待っている。
c0070439_2225053.jpg
大きな時間表示の看板が上がっている。10時23分…スタートして2時間3分経過だ。距離は19kmである。ここさえ通過すればあと2kmちょっとだ。歩かなければ13分~14分でゴールかな。つまり2時間16分くらいまでゴールできる計算かな。でもこれはグロスの話だ。ほとんどのランナーはスタートラインを跨ぐまでに3分は経過しているはずだ。自己申告を忠実に守った、このレベルのランナーであるならば2時間10分の走力がないとゴールできない計算だ。
c0070439_22262957.jpg
降り始めた雨も関門規制が終了すると晴れてきた。でも、まだまだ警察官の方々は車両の通行の誘導をしてもらっていた。
c0070439_22271810.jpg
つわものの夢のあと…的な気持ちになる。ハーフだから始まってしまえば、あっという間に終わってしまう。これがハーフのよさだ。終わっても朝の11時だ。シティマラソン福岡が始まって23年が経過した。その間に延べ何人のランナーが走っただろうか。この23年の間に、マラソンを取り巻く環境は大きく変わってしまった。いや変わり続けている。進行形だ。

ジャージ姿が多かった23年前、今はランスカで、色もカラフルだ。もちろん女性の占める割合も圧倒的に増えた。年齢層も幅が広がった。ランニングが市民権を得るための道のりが凝縮されている。これからも歩き続けるだろう、このシティマラソンは…。ハーフからフルに行くのか、いや、どんな道が開かれているのか、まずは歩いてみなきゃ、走ってみなきゃ分からない。シティマラソンが生まれて、どんな方向に行くのか。失うことなく守っていただきたいのは、いつもいつも、このマラソンを支えてくれた体育指導委員、女性スポーツ団体などのボランティア、そして協力してくれる陸協や救護関係者などの友好的な団体のおかげだと思う。

by hyocori-hyoutan | 2011-10-27 23:08 | シティマラソン福岡こぼれ話

シティマラソン福岡 明日は裏方 雨も吹き飛ばせ!

明日はシティマラソン福岡の開催日だ、幸い雨もやみレースには支障がないかな。こっちは、マラソン担当から職場異動したので、直接的には関わりない。でも協力をしなければいけない立場だ。だから、沿道のスタッフの取りまとめを行うことになった。担当地区は福浜団地周辺の苦情対策対応だ。世の中にはいろんな考えの人もいるので、なかなか公道を走るマラソンへの100%の理解を得ることは難しい。

明日は朝6時には家をでなきゃいけない。福浜団地までチャリで50分くらいか…。走って行くには、荷物が多すぎるのでチャリも仕方なし。沿道警備を担当している体育指導委員の方々にお礼も言わなきゃいけない。なんたって、22年前に第一回大会から、自主警備(沿道警備)をお願いしている団体、組織だから。それ以前は、大学生のアルバイトが中心だったが、今は、テレビ放映されているエリートマラソンでも、地元の体育委員らしきおばさん、おじさんがメーンになっている。ちょうど時代に移り変わりの時代だったと思う。

それと、昔は関門2時間でも文句を言う参加者は少なかったが、今は違う。マラソン人口が爆発的に増えたからといって、市民ランナーレベルの走力は上がっていない。高齢化しているのもその原因かもしれないが、もうひとつはファンランの気持ちが強いことも影響している。修行ではなく楽しみのランニングだ。これも時代の流れで悪いことではない。

だから2時間から2時間半への関門緩和が大きな課題になっている。といっても、マラソン関門緩和は全国的な流れでも、主催者だけで解決できない問題もある。公道の使用は、多くの市民の理解が必要であるし、なかなかランナーだけの考えでは進まない。このことは多くのランナーは理解してもらっているが、これも100%の理解を得ているともいえない。難しい問題だ。

さあ、ともかく明日は「シティマラソン福岡」のために頑張ろう。せっかくだから一眼レフカメラの連写能力を試してみよう!

by hyocori-hyoutan | 2011-10-22 23:51 | シティマラソン福岡こぼれ話

糖質カットの 健康法は 酒が飲めて目標達成

本日(10/18)、久しぶりにルネサンスに行ってきた。トレーニング室に入る前に血圧測定…、最初は緊張をしていたためか141/88、深呼吸して測ったら127/75であった。血圧は調子良い。

もうひとつ境界型糖尿病も薬一錠の服用も継続中だ。これも服用していれば調子がいいみたい。昔から自覚症状がないからはっきりとは言えないが、まあまあかな。もちろん、糖質カットの食事処方も厳しくではなく緩やかに適用している効果もあるかもしれない。

雑誌「文芸春秋」を読んでいるとたまたま「炭水化物=糖質のカットが健康にいい」という作家と医者の対談が掲載されていた。ボクが病院でいわれたことと同じことだ。昔は米を食べないと食事をした気持ちにならなかったが、今の時代は米食なしの食事を考えなければいけない時代だ。特に中高年齢者にとっては…米は大敵だ。

あと30年生きるためには、糖質をカットしながら、蒸留酒のみを飲み続けよう。問題は爆弾を抱えて過ごすより対処法を常に考えて暮らす方が前向きな生き方だと最近強く思う。

by hyocori-hyoutan | 2011-10-19 00:05 | 健康化大作戦

指定管理者 良いと思っても また試練あり

先週末から指定管理者制度に関係深い会議に出席のため千葉に行ってきた。公的施設の管理運営を今後どうするのか…今までの直営もしくは第3セクター管理運営から民間事業者へ移行していくという方針の指定管理者制度が全国的に承認されている。というか国や県の方針である。そこに残っているのが第3セクター組織だ。よく言われるところの財団と言ったり外郭団体だ。これを潰して指定管理者制度に移ればいいが、どこもその整理がなされないまま民間事業者への移行も進んでいる。

また、民間事業者と言っても逆風もある。安かろうだけで内容がなければ非難される。外郭団体の高コスト体質も内容がなければ非難される。一長一短があるのだろう。

ボクにとっても当事者の一人であるからあまり突っ込んだことは言われない。ただスポーツに関しての話だから、スポーツを楽しむのは国民の権利的な発想も出てきている時代だから、最終的には国民あるいは市民にとってどっちがいいのか。どのような形がいいのか議論をする必要があるだろう。

ただ、権利の裏には義務という言葉もある。スポーツは楽しむ権利があっても、楽しさを共有するのはお互いが守らなければならない義務もある。このことが現場の人間だからいつも頭によぎる問題だ。本当の意味でのスポーツの社会的地位を得るには厳しい試練もある。

by hyocori-hyoutan | 2011-10-18 23:45 | スポーツに一言

貴重なビデオテープ DVDにダビング 楽しみだ

ついでに、もう一本ブログ書こう。今は30歳を越えた息子や娘たちのビデオが棚の箱に入れたままである。早くDVDにダビングしなければ…と思いながら10年以上の月日がたった。昔々ボーナスで買った大切なベーターや8ミリビデオの再生機はいつの間にか壊れて捨ててしまった。3年前にオークションで買ったベーターの再生機はあるが、ダビングするには気が遠くなる作業だから手をつけないままだ。でもいつかはしなければならない。

そう思っていたのだが、やっとプロに任せることにした。近所のパソコン工房に持っていきダビングを依頼した。持参したテープはベーター9本、8ミリビデオ11本の自作ビデオばっかりだ。金額は1本980円だった。全部で2万円の出費だが手間賃を考えれば安いもの。

子供に残せる財産はない、残せるのはアルバムやビデオだ。しっかりと保存して子供たちにも分けてやろう。少し肩の荷が軽くなったような気がする。

by hyocori-hyoutan | 2011-10-11 02:02 | 家族

三連休でも 休みは1勝2敗 これも満足

三連休といっても日曜日だけ休みで、土曜と月曜日は仕事に出かけた。木曜日からは東京に行く予定だからね。その前に片づけなければいけない仕事は一杯…。休みの日に出かけて仕事すれば2日分以上の仕事をさばくことができる。その成果であるが、2日間のサービス勤務で明日、明後日はゆっくり過ごせるか。たまった仕事はなければ、余裕を持って電話応対もできる。資料の修正にもあわてずに取り掛かれる。いい天気三連休であったが、仕事をこなしてもそれなりの充実だった。明日の仕事と言いながらもう深夜2時だ。早く寝よう。このままじゃ仕事が片付いてといっても勤務中に居眠りをしちゃいけない…。

by hyocori-hyoutan | 2011-10-11 01:50 | ああ無常

アキレス快調 靴も代えて リズムカルなラン  

10月に入って体調、ラン調子は上向きになった。これはアキレスの痛みの緩和が大きな要因であろう。地を這いつくような走りから、少しの膝上げとキックを意識して走っている。

すり足で走っていると、マンホールの蓋の微妙な盛り上がりにつまづいて転ぶこともあった。一回転して、転んだ原因のマンホールを見てため息である。
「何で…マンホールで転ぶの?足が上がっていないのだなあ」
わがランニングフォームのすり足に呆れたものだ。これも長年にわたるアキレスの痛みを避けて、足の衝撃を少なくするためのフォームである。それに加齢による筋肉の衰えが加味したものか…。仕方ないかもしれないが少しでも若々しいフォームで走りたいものだ。

今、快調なのはランニングシューズの選択にも変化が現れている。足底がフラットなものを使っている。土踏まずの部分をえぐっているターサーからフラットなスカイセンサーに代えた。どちらがいいかではなくフィーリングの問題かもしれない。

玄関先の靴箱の中は、ランニングシューズであふれている。ターサージャパンは3足ほど…、靴底のすり減り具合は同じ程度になっている。その他のシューズも同じ。中には新品の状態でおさまっているランニングシューズもある。ちょっと小さめの靴はせっかく購入しても履かない。靴底の厚みが微妙に薄いとか、逆にぶわぶわして厚い靴も、ほとんど使っていない。

靴の選択に他の人以上に気を使う。これまで買ったランニングシューズは何足になるだろうか。毎年最低3足は買っているかな、30年間だから90足~100足?。本当によく買ったものだ。ランニングシューズだけには贅沢をした。大事な足、アキレスを包みこんでくれる大切なものだから。

by hyocori-hyoutan | 2011-10-03 23:13 | 日々ランの雑感

ペナント優勝 喜びはクライマックス勝ってから ホークスファン

福岡ソフトバンクホークスが優勝をした。ビールかけシーンもテレビで見た。ヤフードームには足を運ばないファンであるが、あまりにも独走しすぎて盛り上がりに欠けたきらいもある。ファンというのはいい加減なものである。際どく競っていれば早く引き離せ…と思い、2位以下に大差をつけれていれば、ペナントレースが盛り上がりがないと言ってしまう。

選手にとっては、長いシーズンでは、どんなに強くても50敗や60敗はするもの。だから、いちいち負けに落ち込んでいる暇はなく、次の試合にも悪影響を及ぼすので気にしないもの。しかしファンは一喜一憂するものだ。ファン心理と選手心理は違うものだ。

もうひとつ、盛り上がらない理由はクライマックスシリーズだ。昨年も1勝のアドバンテージをもらいながら、ロッテに2勝3敗(実質1勝3敗)で日本シリーズに進めなかった。もう9年くらい日本シリーズに進んでいない。だから、今喜べば万が一の場合の落胆も大きい。今はじっと喜びを我慢する時だ。

ロッテといえば、昨年はペナント3位から日本一になったチームだ。でも今年は最下位確定だ、勝負の世界は厳しいもの。今日のニュースで、選手会長のサブローをトレードで巨人に行かせたのは失敗だとオーナーが言ったのとこと。チーム編成セクションとオーナーがうまくいかないと勝負の世界では勝てない。

西武についても、今年は14勝5敗くらいの対戦成績だが、ホークスのコーチに記者が尋ねたらしい。
「毎年、西武を苦手にしていたホークスですが、今年の西武の低迷を見てどう思われますか?」
そのコーチは…
「ほかのチーム事情や成績のことを考える暇はない。今は一試合、一試合全力で戦うだけです」
その言葉からは、戦う相手に温情を見せたら終わりだという意思が伝わってくる。やはり勝負の世界は厳しい。

by hyocori-hyoutan | 2011-10-03 01:15 | HAWKS

糖質はダメよ 野菜、たんぱくで 長生き目指そう

健全な食生活を送る必要があるのに、焼き肉ウエストに夕食に行った。もっぱら、サラダバイキングで生野菜を中心に、時々、上カルビを口に運ぶつもりであった。もちろん、基本的にはそのルールを守ったが、やはりゼリーやソフトクリーム、フルーツも口に運ぶ。ビールは飲まずハウスワインを300ccくらいに抑えた。まあ、これくらいの注意をしていたらいいだろう。

先日の病院では、ご飯(白米)軽く一杯で55gの炭水化物(糖質)があること。インスリンが出ないと糖質1g摂取で血糖値が「3mg/dl」上がることを栄養士さんから教えてもらった。つまり空腹時の血糖値100mg/dlならば、260mg/dlになることになる。やばいやばい…。やはり薬を飲んでおこう。

それと糖質、脂質、たんぱく質の体内での吸収のスピードも教えてもらった。糖質2時間で吸収されれので血糖値は急激に上がる。脂質は4時間、たんぱく質は12時間程度らしい。つまり、糖質を食事の中で制限すれば、血糖値の上昇は防げるとのこと。大好きな牛乳などたんぱく質の多いものはどんどん摂取していい。でも夜のテレビを見ながら、おやつ(ポテトチップ、柿の種、ケーキ…)を食べるのはやめておきましょうね…て言われた。

長い戦いになるが、長生きするためには仕方なし。頑張っていこう!!

by hyocori-hyoutan | 2011-10-01 23:16 | 健康化大作戦