大濠公園ラン ロング走でも コア・足ともに元気!

昨日、昼から休みをとって大濠公園へ。東公園入り口~大濠公園までは3.5kmくらいかな…と思っていたら、4.3km(宝亭まで)もあった。道理で32分(グロス:信号が多い)かかるはずだ。さあ、5周をノルマとして走りだす。5周を走るには、ゆっくり入ったほうがいい。そう思っているから無理せずに走り始める。一周目11分40秒(キロ6分ペース)、2周目も同タイム、ところが3周目は12分30秒まで自然に落ち込んだ。このままじゃダメと思い、5周を4周に短縮して、4周目にピッチを上げる。すると11分15秒までペースが上がった。気持よく4周で打ち切り。

久しぶりの大濠は気持ちよし。走るランナーも多いし、レベルもさまざまである。高校生女子の練習も行われていた。ちょうどスタートするところで、コーチが「4分10秒で…」と声をかけていた。多分1000mのラップのことだろう。こっちは6分だからあっという間に見えなくなった。そしてこっちが2周目終わり付近で1周抜かれた。こっちは12分☓2周=24分、向こうは8分☓3周=24分…ちょうど計算が合う。

大濠公園をあとに再び走りだす。東公園経由の香椎までの12kmだ。まあまあのペースだし、信号待ちは喜んで休憩をする余裕あるペース。それでもトータル距離が20kmを超える九大農学部横くらいからちょっとペースが落ちる。20km超えたら足もくたびれるし、足裏の衝撃も堪えてくる。これも今の実力だから仕方なし。

やっとルネサンスに辿り着く。クールダウンを兼ねてトレッドミルで2km走る。すると疲れているはずの足底であるが、トレッドミルのレーンの上はクッションがあり快適だ。舗装道路とマシーンの違いを実感する。気持よく2kmを走れたし、疲労を取るには最適だった。あとはルネのサウナに浸かり体を温めて自宅に戻った。午後の休みを利用した27km走であったが、それほどカラダ全体の疲労感、足の疲労もなくてよかった。やっぱし伊達に月400kmを走っていないことを感じた。

by hyocori-hyoutan | 2012-11-28 22:42 | 日々ランの雑感

トレッドミル 凝りずに傾斜 慣れりゃ苦痛にならず

三連休の3日目。と言いながら金曜日は仕事だったので三連休ではなかったが、気持ちは三連休…。朝一番にルネに出かけてトレッドミルに挑む。与えられた時間は1時間くらい。傾斜を少なめにして10km走を目指す。最近はカカトの痛みも軽減して結構走れる状態。スピードも6kmから徐々にペースアップして、傾斜3%ながら楽に9km/hまで上げることができた。

今日の特徴は何たって厚着。どうせ走るなら汗をかきたいという気持ちは強い、外ランと同じにヒートテックのロングニットウェアにウィンドブレーカーを着込む。3kmくらいから額に汗が…。6kmくらいにはウィンドブレーカーの上にも汗がしみ込んでくる。でもどんなに汗をかいても厚着だから汗が飛び散ることはない。気持ちよく腕を振っていく。トレッドミル横の大きな鏡でフォームをチェックする。11km/hくらいだと少しは良いフォーム、8kmくらのジョグになったら腰の落ちたフォームになるみたい。

更にサウナ5分で最後の仕上げ。今日も10kmラン+サウナで約2kg減量をした。あとは、間食をなくして今日を乗り切ろう。冬の間近の陽光であったが気持ちの良い初冬の一日、傾斜もなれではなんてことなし。そんな一日、明日につながる一日でした。今月はもしかしたら400km超えのいいチャンス!

by hyocori-hyoutan | 2012-11-25 21:08 | 日々ランの雑感

人間ドッグ 口からお尻から 検査は続く

人間ドッグに行ってきた。福岡和白検診クリニックには40歳の時から毎年受診をしている。朝の7時には受付を済ます。受付番号は3番であった。早く受付しないと段々と混雑をしてくる。早速、検診用病院着に着替える。最初は脳MRI検査である。狭いベッドに寝かされて耳栓をして静かに眠る。耳元ではガン、ガ~ン、キンキン…とうるさい音が鳴っているが、その音が子守唄に聞こえてちょっと眠ってしまう。

あとは、胸レントゲン、エコー検査などの通り一遍の検査が続く。10時ころには、待合室は満杯となる。昔と比べるドッグ受診者は飛躍的に伸びていることを実感する。待合室で次の検査を待っていると、同年輩の夫婦の人と話す機会を得る。そのドッグ受診者の方は、カナダのバンクーバーからやってきたという。日本でドッグを受けるために…。もちろん日本人でカナダに夫婦で永住している方である。

カナダの病院の治療はできるが、予防的な検診制度はほとんどないし、各病院を回って受診しなければならない。手間もかかるし費用も相当なものである。だから里帰りを兼ねて日本で人間ドッグを受診に来たとのこと。昨日からドッグ検査(もちろん、ドッグ検査の最先端のペット検査受診)を受けて、昨晩はホテルオークラデの宿泊だったらしい。(羨ましい限りだ)検査後は日本を観光して2週間後くらいにバンクーバーに戻るとのこと。

それと比べる必要はないが、こっちはこれから人生で…年一回くらいはパックの海外旅行に行く事を目標にしよう。人の人生と比べる必要がないが、ちょっと比較してしまうのは仕方なし。

ドッグは続く。やっとメーンイベントの胃と大腸の内視鏡検査準備に入る。朝から絶食、昨日から消化にいいものを摂取するように準備をして、最終的には2リットルの食塩水みたいなものを2時間かけて飲み干して胃&大腸を綺麗にする。もちろん出すものは出して透明の便になるまでのトイレ通いだ。

でも、この検査は好きだ。ベットに横たわり横向きに寝て口に管パイプみたいなものをくわえさせられる…そこまでは意識があるのだが、そこから先は麻酔が効いて全く記憶なし。深い眠りに落ちていく。気がつけば、口からお尻からの内視鏡検査を終えて、隣室のソファーに横たわっている。その記憶を失っていたという感覚、目を覚ました虚ろな気分が非日常的な出来事であり、何となく好きだ。

全ての検査を終えて、病院着から自分の普段着に着替える。待合室には、クッキーや煎餅、チョコが置いてある。検査を終了した人には自由に食べて良い。今日はじめての食事である。コーヒーにお菓子、好きなモノばかりである。次から次に口に運び空腹感を満たしていく。

最後に医者との問診である。正式な検査報告書は後日であるが、おおまかな検査結果は教えてもらう。脳異状なし、胃、大腸ともに綺麗で問題なし。肝機能…お酒の飲み過ぎに気をつけなさい。数値が高くなっているよ。血糖値、血圧正常。目は白内障の傾向もあるので一度眼科受診を勧める。心臓は定期検査を継続するように。そして体重はほぼ標準値であり、このまま体重を増やさないように。

以上が、ボクの体の現状でした。

by hyocori-hyoutan | 2012-11-21 22:43 | 健康化大作戦

子どもからのプレゼント 記念日を 覚えてくれてありがとう 

c0070439_23122194.jpg
結婚記念日を迎えた。子ども達から記念日の招待カードを頂いた。場所はホテルヒルトンSeaHawkの35Fのスカイラウンジ"Angel"(アンヘル)であった。都市高速を飛ばしていけば、我が家から15分でホテルに到着した。スカイチャペルから階段で降りていくと、アンヘルにたどり着いた。
c0070439_238165.jpg
福岡タワーが見える方(西側)の席に案内された。子ども達や孫との食事は、ボクが代金を払うことは多いが、いづれも居酒屋やファミレスである。しかし子ども達から招待される時は、いつも高級なお店である。本当に嬉しいものである。料理はフルコースの結婚記念日アニバーサリープランみたいだ。シャンペンのハーフボトルを注いでくれる。静かに目と目をあわせて乾杯だ。
c0070439_23104291.jpg

せっかくの記念日招待だから、夫婦喧嘩をしたら食事も美味しくないものになる。ここ2,3日は喧嘩をしないように気をつけていたから、夫婦で仲良く食事をすることができた。すべてガラス窓の外には、都市高速の車のライトが流れるように過ぎ去っていく。マリノアの観覧車も見える。そして、レストランのテーブルの上のロウソクもガラス窓に反射して幻想的な輝きを見せる。
c0070439_23134862.jpg
鯛の料理、フォアグラ&ステーキ、次々と美味しそうな料理が運ばれてくる。最初にスパーキングワインを飲んだから、もうビールは要らない。白ワインをオーダーする。メモリアルだからお祝いのプチ丸いケーキもお祝いメッセージボードが入っている。孫からのメッセージも頂いた。花束も用意されていた。アニバーサリープランの優しい心遣いが嬉しい。最後のデザートは炎のアイスクリームが出てきた。外側の生クリームは溶け出してくるが中のアイスクリームは冷たい…。
c0070439_23134759.jpg
c0070439_23161382.jpg

次から次に出てくるコース料理を食べていたらちょうど2時間経過。時間の経つのも忘れるほど充実したディナーであった。親の結婚した日なんて知らない子ども達も多いかもしれないが、きちんと覚えてくれていた子ども達に感謝、感謝である。
c0070439_23174030.jpg

by hyocori-hyoutan | 2012-11-11 23:02 | 家族