良いことしゃべれば 上がるのは モチベーション

4月からの新しい職場(青少年宿泊施設)での生活も4か月過ぎ去ろうとしている。次から次と2泊3日や1泊2日の予定で、小学校や中学校、そして青少年団体(こども会や少年スポーツクラブなど)がやってくる。目を輝かしてやってくる。子どもたちにとっては、とても楽しみにしているイベントに違いない。

・ボクはキャンプファイヤーを楽しみにやってきました。
・野外調理でチキンカレーを上手く作りたいです。
・一緒に友達と同じ部屋で寝るのが楽しみです。
・団体での行動、5分前行動を心がけします。
    …などの挨拶、意気込みを最初に発表する。

こっちの挨拶も(施設側)…
・おはよう、こんにちは、ありがとうなどの挨拶を他の団体の人にも積極的にしましょう。
・玄界灘の潮風、松林の野鳥のさえずりなどの自然を満喫してください。
・楽しい思い出というお土産を一杯手に入れてください。
・思い出とは、楽しいだけでは思い出になりません。頑張った上で達成感が思い出です。
・テレビもゲームもない生活ですが、楽しいのは仲間がいるからです。

そんな挨拶をしていると、しゃべっているこっちのほうも気持ちがよくなる。人間って前向きなことをしゃべっているとモチベーションも上がる。そんな環境で仕事をさせてもらっていることに感謝しなきゃいけない。

by hyocori-hyoutan | 2013-07-28 22:56 | 海の中道海浜公園の思い出

今月も300km さらに500kmバイク 60歳ならやり過ぎだろう

今月も月300kmの走行距離を達成できる感じだ。この暑い中での300kmは立派。昨日も海中公園の外周4.5kmを2周した。海が近くて松林の中を走るのは、暑いのは暑いが都心のコンクリートの灼熱の暑さとは違う。時々吹きわたるさわやかな風、木陰の妙な涼しさもある。それでも9km走れば、パンツまで汗びっしょりとなる。これだけの暑さに耐えて走れば、夏バテもなさそうだ。

でも年齢も60歳になったことだし、あまりの運動過多にならないように注意はしておこう。疲れは残さない。夏場のロング走は控えめに…そんなことを考えておこう。そうそう、この月間走行300kmラン以外にも自転車がある。片道13kmで往復26km、月間では20日間くらいは通勤しているので、26km×20日=520kmになる。これが月間自転車走行距離、月で計算してみるとかなりの運動量である。特に夏場はアップダウンもあるので、職場に着くころには汗びっしょりとなる。

この生活パターンも約4か月経過しようとしている。海の中道バイパスの春のさわやかさも大好きだが、夏場の木陰の涼しさと遮蔽物のないガンガンの日差しの暑さも好きだ。あとは秋の紅葉の美しさ、冬場の過酷の海風も体験しなきゃいけないなあ。

by hyocori-hyoutan | 2013-07-18 22:52 | 日々ランの雑感

帝釈峡 遊んで2泊3日 心の贅沢

休暇村帝釈峡まで遊びに行ってきた。2泊3日の家族旅行だ。福岡から九州、中国自動車道路を経由して約380kmである。福岡を朝8時半に出て昼1時には帝釈峡近くの東城ICに到着した。もう一方の家族は大阪から約280kmであり、ここの道の駅「東城」で合流だ。道の駅のステーキハウスで奮発した昼食を食べる。そして「帝釈峡」に向かった。
c0070439_11102854.jpg
この休暇村は山中に立地して自然も豊かである。休暇村周回の自然探索路は約3kmもある。夕食前の軽~い運動で歩き回る。
c0070439_1125326.jpg
草スキーも楽しめる。大人が滑るとスピードが上がりちょっと怖い。小さな子供がちょうどいい。何度も登っては滑り降り、また昇る。汗がにじみ出てくるが、高原のためさわやかな風が吹き抜ける。梅雨時であるが、この2泊3日は雨に合わないみたい。ラッキーである。
c0070439_11295150.jpg
夕食は久しぶりの会食で盛り上がる。夕食後は近くの山郷まで10分ほどマイクロバスで移動してホタル見学に出かける。飛んでいるホタルの淡い、しかしはっきりとした閃光は自然の豊かさを感じさせる。そしてぐっすりと眠りにつく。翌朝は朝ランののち、白雲洞、雄橋(おんばし)見学に出かける。まずは白雲洞である。鍾乳洞の洞窟の中は涼しい。めちゃくちゃ涼しい。何百万年をかけて石灰岩が水に溶け込んでできた自然のすごさに驚愕。約300mほど進むが、そのあとは未踏の地だという。どこまで続く…この洞窟である。
c0070439_11105531.jpg
c0070439_1111569.jpg
続いて雄橋である。これも自然の造形物である。あまりにの迫力に写真のフィルダーに収まりきれない。自然の浸食作用のあとに陸地が隆起してできたド迫力の橋だ。
c0070439_11115358.jpg
c0070439_11121471.jpg
c0070439_11123593.jpg
ダムの遊覧船に乗る。このダムは「帝釈川ダム」で、できた湖は「神竜湖」という。船上で大きなトンボを見つけて捕まえた。こどもはちょっと怖いみたい。もちろんそのあとは放って自由に飛んで行った。
c0070439_11565742.jpg
観光を終えて休暇村に戻ると、もう一つの家族がやってきた。これでフル家族となった。施設内でグラウンドゴルフを楽しむ。ここでも運動センスのなさを痛感。第一打は小心でショート、第二打はホームラン…。あとは穴を行ったり来たり…。旅行と言ったらあわただしい場合が多いが、休暇村の場合はゆっくり楽しまなきゃ損だ。
c0070439_11124864.jpg
2泊3日の最後の日、広島で高速を降りて、お好み村のビルに向かう。一番並んでいたお好み焼きの店でスペシャル焼きを食べる。もう別に広島で食べなくても、十分に福岡でも本場の広島風は食べられるけどね。
c0070439_11131741.jpg
そのまま、宮島に行って厳島神社にわたる。
c0070439_11132938.jpg
c0070439_11134212.jpg
これで2泊3日の旅は終わり、走行距離は850km‥…。
c0070439_11144420.jpg

by hyocori-hyoutan | 2013-07-09 23:57 | 家族

平均122脈拍 これって楽ペース 1時間ラン

月曜日はルネは休み。仕事を終えて16時過ぎから家の周りを11km走る。心拍数を計りながらのランである。すぐに100を超えるが、そのあとは徐々にしか心拍数は上がらない。それでも走って10分経過すると120近くまで上がる。120まで上がるとキロ6分を切るスピードかな。

5km過ぎには、かもめ大橋の登り坂になる。ここで脈拍を上げようと坂道なのに腕を振って、ペースを上げて一生懸命走る。最高脈拍142を達成した。一度脈拍を上げると@130付近で一定してくる。呼吸は楽でありランニングハイ状態。

貝塚ジャンクション下に到着。48分くらいで通過。あとは新記録を目指して、ペースを少し上げる。つま先から足全体で着地、そして蹴り上げるフォーム、腕もリズミカルに振っていく。デオデオ角のゴールまであと少し…1時間1分15秒。結構いいタイム。これもフォームを変えた成果であろう。

その間の最大脈拍数は142(84%)、平均脈拍は122(72%)だった。85%以上が強度の運動負荷、70-85が中度の運動との定義である。だから全体としては余裕のあるランニングペースであった。汗の出方もやっと夏本番という感じだ。

by hyocori-hyoutan | 2013-07-01 22:51 | 日々ランの雑感