ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

朝日新聞への読まない、買わない、信じない、そして廃刊まで持っていく運動の道のりは厳しいけど、進まなければいけない道。8/5の朝日の「読者の疑問に答えます」への感想の2弾目です。1982年に記事掲載してから32年ぶりに、その証言を取り消しにした。その読者への説明が下記の通り。
c0070439_23194852.jpg
非常に淡々と取り消ししている。ここでこそ吉田証言の具体的内容に触れるべきところだ。女性を島内からかき集め、トラックの荷台に押し込めて何百人も搬送して慰安所に連れて行ったと…。そして2014年4月、今年ですぞ!済州島に朝日新聞社がやっと調査に行って、住民からの聴き取りで証言が裏付けられなかったという。その間、韓国からの必要な謝罪要求、国内での吉田証言の偽りの主張など、全く朝日新聞に入って来なかったとは信じられない。ただ、ひたすら台風、突風の過ぎ去るのを待っていただけに過ぎない。

この32年間の間に、日韓問題、国際的問題になったことへの反省や謝罪は全くなし。「取り消します」じゃオピニオンリーダーとしては恥ずかしい。(もうオピニオンリーダーじゃないけど)

そして、「証言の核心部分についての矛盾」があると、「読者のみなさまへ」で述べている。じゃ、その核心部分には全く触れず。その核心部分こそ、誰でも考える疑問であり、その部分を述べれば朝日の32年間の怠慢が露呈するわけだ。だから言葉の遊びで逃げている。朝日が日頃のメディアとして追及するときは、「じゃ、その核心部分について説明してください」「なぜそれが32年間もわからなかったのですか?」と追及するはずだ。

大体、吉田証言をねつ造した本人が、肩書からして済州島に行ったこともないことは、彼の職歴からもすぐに分かったこと。済州島に日本軍が大規模な駐留したのも、昭和20年の4月以降と朝日自身が述べている。それほど取材能力、資料収集能力がなかったと自ら暴露しているのはお笑いだ。

全て朝日にとって都合に良い結論が先にあって、それに合致する事実もどきを構築するが手法ですね。これまで、朝日の読者はインテリ、高学歴、裕福なものという固定観念で紙面構成をしてきたツケが一気に噴き出した。もう待ったなしで三流、反日新聞に格下げしなきゃいけないね。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-26 23:47 | 日本を考える
朝日新聞の8/5朝刊では「読者の疑問に答えます」といって5項目について回答をしている。今までの経緯を説明して、最後に囲み記事で「読者のみなさまへ」というタイトルで簡単に要約して説明している。その要約がくせものである。読者をバカと思っているのか、言い逃れできると考えているのか。日本語としても疑問が残る表現が一杯だ。

今回は、そのひとつ「強制連行」についての項目を取り上げてみよう。以下が「強制連行」についての朝日の説明だ。
c0070439_2354913.jpg

まず、最初の四行を見て行こう。
 問題点① だまして女性を集めることが出来たから、人さらいはしなくてよかった…と解釈される。「集めることができ」…で一回文章を切るべき。
 問題点②「併合」と「植民地」は違う。ヨーロッパ諸国がアフリカ、アジアですべて搾取したのが植民地、学校教育や社会インフラを整備するのは「併合」。ヨーロッパ内では併合や独立を繰り返していたのと日韓併合は同じじゃないか。
 問題点③軍の意向は?確かに慰安所が戦争においてはどの国も設置していたし、衛生管理もしていたが、「軍の意向」はどこまでかは難しい。

次に後ろの四行を見る。
 問題点④インドネシアの例は、軍として処罰したのであって、逆に関与していなかったという「強制連行なし」の補足資料だ。それくらい朝日新聞でも知っているくせに読者は知らないだろうとごまかせると判断したのか…ずるいね。浅はかだね、読者をバカにしてるね。
 問題点⑤「意に反して慰安婦にされる強制性」でまとめるには無理がある。経済的なことや女性の地位が確保されていない時代背景を説明なしにまとめると、おのずと「軍の広義の強制性」に結びつけたい魂胆が丸見えだ。この問題は、現代でも続く問題につなげていかないといけない。

最後に、亡国の「朝日新聞」の文書をボクが添削してみよう。

戦前において日本が併合していた朝鮮や台湾では、(軍の意向を受けた?)売春業者などが「良い仕事がある」などとだまして多くの女性を集めていた資料はありました。しかし軍や国などが組織的に人さらいのように強制連行した資料は見つかりませんでした。
更に、インドネシアなど日本軍の占領下にあった地域では、日本軍人が現地の女性等を無理やり連行していたことが判明して、関係者を軍が処罰したことは資料として確認されております。上記のことから、日本軍が組織的に強制連行した事実は確認できません。
ただ、70年前の戦時下であっても、軍や国の直接関与がなくても、女性のたちが、さまざまな事情で性に関連することに従事しなければいけなかったことは事実であり、現代のその延長線上に女性の人権が損なわれていることもあります。今後も女性の人権には、朝日新聞社としても取り組んでいきます。


天声人語の執筆陣を抱えている「朝日」でしょう。もう少しまともな文章を書いてみたら。でも言い訳文章は歯切れ悪くなるのは仕方ないかな。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-21 23:35 | 日本を考える
ボクのブログは自分の思いつくままに書いている。ただそれだけ。だから読んだ人からのコメントは期待していない。でも本心はマイブログを読んだ感想をコメントしてもらいたい気持ちがあるのも事実である。そんな中で……

最近、日本国の将来向かうべき方向や、日本人としてのプライド、世界の中の日本を意識するブログ記事を掲載した。すると、本当に久しぶりコメントを頂いた。コメントにはコメントで回答すればいいかもしれない。でも、ボクのブログは、韓国、中国に対してどう対応していいか、日本の将来はどうあるべきか……であり、せっかくのコメント回答で終わりにするのはもったいない。少しでも賛同してもらえる人を増やすためにブログで回答をしたい。

みっちゃん、お久しぶりです。コメントありがとうございました。賛同していただきありがとうございます。ボクがおかしいと直感したのは、民主党政権時代の菅首相が中国の胡錦濤主席と立ち話会談をした映像を見たときです。メモを片手に卑屈な態度でおどおどした菅総理、それに対して胡錦濤主席は堂々と菅さんを見下した表情であった。中国漁船の体当たりや中国内での日本企業の略奪などの後であり、本来なら中国側が頭を下げるべき状況でした。

それにもかかわらず、菅さんの卑屈な態度を映像で見たとき、日本国のあり方を再検討をしなければいけない思いました。それには、民主党はダメ、自民党に復活してもらわなければいけない。そして安倍政権が生まれました。;言うべきことは言う、戦後の自虐史観からの脱却、戦後処理の中で未来志向で考えていくなど、共感するべきことはとても多いです。その中で慰安婦問題などでは、自民党自体の過去の責任も明らかになってきました。

どちらかというと、過去においては自民党タカ派よりハト派に共感していたボクですが、最近はハト派=事なかれ主義、対米追従だったみたいと思えてきました。真の日本のDNAは自虐史観ではないことだけは間違いありません。創意と努力、優しさとお人よしがDNAにある気がします。ただ、混沌とした世界、平和を唱えるだけで平和がやってこない現実を直視すれば、これかの日本国に何をプラスアルファすればいいのか、このブログを通じて考えていきたいと思います。

by hyocori-hyoutan | 2014-08-16 23:16 | 日本を考える
2014.8.15 20:04にはインターネットで発信された産経新聞記事の慰安婦問題についての記事はわかりやすかった。この問題への朝日新聞、さらには自民党への意見が的を得てたので、記事全文を引用する。それにしても櫻井よし子さんの発言は厳しくかつ的確だ。尊敬に値する。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏が15日に自民党の議員連盟「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の会合で講演した内容の要旨は次の通り。

 朝日新聞の姿勢として極めておかしなことがある。何故に、日本国の過去と現在と未来に対してこんなひどい中傷や言われなきことを報道した責任について、社長自ら、もしくは編集局長自ら表に出てきて釈明し謝罪しないのか。

 5日の1面には、朝日があたかも被害者であるかのようなことを書いている。「言われなき中傷」を浴びたのは日本国だ。先人たちだ。私たちだ。未来の子供たちだ。朝日ではない。

 最初に吉田清治証言が出たのは32年前。朝日はこの32年間にどんな記事を書いてきたかを明らかにするのが先決であろう。それによって世論を動かしたのだから。テレビを動かしたのだから。韓国を動かし、世界を動かし、日本をおとしめたのだから。

 だが、自分たちがどんな報道をしたのか、ここには一行も書いていない。こんなメディアはメディアではない。プロパガンダ新聞というものだ。私は、朝日はまず1つ2つやるべきことをやった上で、廃刊にすべきだと考えている。

まず、世界に発信することだ。英文、ハングル、中国語、フランス語、スペイン語。世界中の人々が日本に対して非常に悪い印象を抱いた。そのもとをつくった責任者として、世界にさまざまな言語で自分たちの間違いを発信すべきだ。

 その上で、当時の社長、編集局長、記事を書いた記者は全員名乗り出るべきだ。日本国の土台を揺るがすような大きな問題だから、社長も含めて編集局全体で議論をしたはずだ。そこに名を連ねた人々は自分たちが展開してきた言説、報道を明らかにすべきだ。

 自民党にも大きな要求を突きつけたい。河野洋平官房長官談話には「強制連行」の文字はないが、強制連行を認めた談話であるという印象が世界中に広がっている。河野氏自身が発表後の記者会見で「強制連行と考えてよいか」との質問に、「おおむねその通り」という趣旨の答えをしたのが原因だ。

 1992(平成4)年4月、吉田証言はでたらめだということが産経新聞で大きく報道された。翌年8月に河野氏は談話を出し、記者会見に応じている。国民の多くはなぜこんなことになったのか、河野氏自身に釈明をしてほしいという強い思いを抱いている。
自民党は(河野氏を)党本部に呼び、(元)総裁としてどう考えているのか聞き、100%情報公開してほしい。それが当時政権与党だった自民党の責任ではないか。

 一日も早く教科書を書き換え、韓国の人々にも強制連行はなかったと伝えてほしい。申し訳ないという気持ちを、朝日も自民党も表明してほしい。正常にあり得た日韓関係をこのような形にした原因は、こちら側がつくったのかもしれない。その大きな原因の1つは朝日の虚偽報道だ。

 自民党は問題の深刻さをよく認識し、朝日には日本のメディアを代表すると自負してきたプライドと信頼にかけて、今申し上げたことを徹底してやっていただきたい。

by hyocori-hyoutan | 2014-08-15 22:30 | 日本を考える
本日は8/15だ。終戦記念日であるが盆の8/15だ。盆を迎えるにあたって13日は、「迎え火」といって玄関先で素焼きの盆の中で火をつけて仏様を迎えることが儀式になっていたらしいが、我が家ではその儀式を省いて仏壇にただ祀っていた。しかし、20年前くらいから、お寺で盆法要を一括で行うようになり、お寺まで行ってご先祖様を迎えに行くようになった。そして、本日は「送り火」の儀式だ。

昔から箱崎浜に「送り火」に行っていた。ご先祖様の好きだった甘いものをたくさん詰めて見送りに行く。昔々の馬出に住んでいる頃は、提灯に火を点けて箱崎浜まで歩いて行った。送り火会場は、夜店が出店して花火が打ち上げている、大変な賑わいだった。でも伝統的な行事も盛隆になるものと廃れていくものに二分される。筥崎浜の送り火は廃れる方だ。毎年廃れていくが。今日は夕方5時半に行っても祭壇には、数えるほどのご先祖様に持っていってもらう供物しか上がっていなかった。何となく盆の行事の風物詩が消えていくのがさびしい。

終わった後は、近くの夢タウン飲食街で夕食だ。夫婦、娘2人、そして孫2人、それに奥さんのジジババと一緒に夕食を済ませる。精進あけじゃないけど、トンカツ専門店「浜勝」で腹いっぱいだ。

そして家に帰って再び、「迎い火」と「送り火」のことを考えた。お寺までご先祖様を迎えに行って、帰りは海に放っておくのはおかしいなあと……。これは、仏事の盆行事としての檀家を廻る盆供養がお寺で一括して行うようになって、ご先祖様を迎える儀式と重なったからおかしくなったと思う。本来なら、ご先祖様を迎える儀式の「迎え火」「送り火」は祖霊信仰あるいは神道に近い儀式で、お寺の行う盆供養は仏事だ。そう思うと納得できる。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-15 22:09 | ああ無常
昨晩は、小田和正のコンサート「小田日和」をマリンメッセ福岡で観てきた。独特の高音の美声、繊細な歌詞としっとり聴かせるメロディーで小田ワールドに導いてくれる。マリンメッセ福岡(12000人)は超満員で空席ゼロである。
c0070439_953561.jpg
小田ワールドは、人生賛歌であり、短い人生の中で何をしていくのか。愛するものが生きがいを生む、はかないから何もしないのではなくできる限り前向きに生きていく。そんな気持ちを話し言葉の語りで歌っていく。難しい言葉は歌詞には含まれない。良いフレーズは繰り返すことで、2倍、4倍、8倍と説得力を持ち続け、深い意味を与えてくれる。

小田ワールドはステージだけでなく、客席の中に四方に伸びていく花道まで熱が広がっていく。66歳とは思われない若々しい声と体力、走り回る脚力、息が上がらない体力に満ちている。

最後には、このステージも終わりに近づいていることを述べる。「軽々しく、じゃまたね、言えない年齢に差し掛かっている」その瞬間、ちょっと涙ぐむ。繊細だからこそ、人生の有限性、はかなさを実感しているからの言葉だ。その繊細さが生み出す歌詞やメロディーに我々は酔いしれる。

人生って、10年後の自分を楽しく想像できる内は楽観的でいられるが、10年後のことを想像したくない年齢に差し掛かると悲観的にとらえていく。その悲観的感情を前向きに考えることが出来るのは、愛する人であり2度と繰り返せない人生への未練かもしれない。そして、何年か先にある「小田ワールド」を再び見ることも、感動ある人生を続けたい生きがいにつながる。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-15 10:23 | movie
朝日新聞の32年前の記事取り消しから一週間が経過した。少しづつ社会の動きも読み取れる。朝日新聞は、本当に申し訳ないなら、一面での謝罪文掲載と責任をとる幹部の処分がなされるべきとの意見が、「そこまで言って委員会」の加藤コメンテーターから出された。まさにその通りだと思う。加藤さんは朝日新聞社長と懇意にしているから、そのことを伝えたが、慰安婦問題は歴史的事実だからできないと述べたらしい。

抽象的だな、過去の出来事は全て歴史的事実だが、時代の経過とともに歴史的事実は残るが歴史的真実は刻々と変わるもの。朝日が掲載した慰安婦記事は歴史的事実(記事にしたという)かもしれないが、今回の取り消し記事で新しい歴史的真実(国家的強制連行はなかった)が生まれたのだから、やはり真実と思って報道したけど真実じゃなかったと謝罪すべきだと思う。

ただ、朝日新聞の今後のことを考えると、謝罪と幹部処分をしたら、もう朝日新聞の報道機関、新聞としてのランク付けは大幅に落ちるであろう。朝日の固定読者も離反が続くだろう。今の時代は朝日・毎日VS讀賣・産経の考え方の違い、国の在り方の違いが鮮明になってきた。購読部数でもほぼ拮抗している。ただし、東京新聞や西日本新聞のブロック紙、沖縄タイムズなどの各県ごとのローカル紙の朝日寄りなのがどうしようもない状態であるかな。まあ、その本家、朝日が非難されていることは今後も続いて欲しい。

言い訳でみっともないのはいくつもあるが、「勤労挺身隊と慰安婦を混同して記者が誤用しました」とあった。初歩的な調査もせずに記事にしたのか。一歩ゆずって当時の朝鮮内の一般社会が間違って使っていたとしても、記者は日本人でしょう。戦時中の学徒動員、女子挺身隊の工場などへの動員は一般常識として知っておくべきであり、これが慰安婦ならば、日本を揺るがす大きな問題と思うならば、その報道は慎重になるのが日本人ではないか。これじゃ日本を最初から貶めるための売国奴と言われてもしかたない。

その女子挺身隊の動員数が「8万~20万人」にも及ぶと記事に書いている。その多い方の20万人が独り歩きしてアメリカなどの慰安婦像の石碑に刻まれている。冷静に考えましょう。当時の北朝鮮を含む朝鮮半島の人口は約2500万人、その半分が女性ならば1250万人、18歳から30歳くらいに女性に限定すれば300万人くらいかな。じゃ、慰安婦20万人と仮定すれば、朝鮮半島の朝鮮人18歳から30歳までとして15人に1人はトラックに強制的に連れられて慰安婦にさせられた。そんな割合ならば暴動が起きるじゃないの。でも終戦直後は何も起こらなかった。

また、戦時中の朝鮮半島の日本軍人は30万人、満州70万人あわせて100万人だ。この数を考えても異常なほど慰安婦は多い。商売ができるはずがない。こんな初歩的なことを考えれば、慰安婦と挺身隊を間違えるはずがない。間違えたのではなく意識的に書いたねつ造以外の何物でもないと思う。

これに関連して思うことは、中国、韓国という国は数字は、事を大きく見せるための形容詞的な使い方をしている。1万人よりは10万人の方が大きく扱われるし、相手を責めるには好都合だ。そのレベルだ。比較的日本では、数字の取り扱いは厳格だし間違いは許されない。鉄道列車の正確さを見れば国民性の違いがわかる。

「敵を知るには己の物差しではなく、敵の懐に入って、その考え方を熟知しないと大やけどを食らう」そんな諺があったかな。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-12 23:10 | 日本を考える
「新報道2001」は面白かった。橋下氏だけは大阪のスタジオからの参加だったが、そのハンディをモノともせず、スタジオの東京のコメンテーターを圧倒していた。朝日は嘘の記事を書いたのだから取り消すだけでなく、日本国内、海外に向けて報道の謝罪記事、国際謝罪広告的なものをしなきゃいけないと言っていた。荻生田内閣特別補佐官も、食品会社ならば32年間もの間、嘘の品物を国民に提供していたのなら、社長が謝罪をする、賠償をすることはもちろん、企業整理まで考えられることだと思います。その通りだとボクも思う。

慰安婦問題を追及する立場の出席者は金(きん)なんとかという東海大学の先生と日本共産党の小池副委員長だけ。2人とも強制的に日本軍が連行したことはなかったにせよ、自由の身のない環境の中で閉じ込めたという広義の強制性は残る。だから日本は悪いという弁。

橋下氏などは、まずレイプ国家ではないことが証明されたことを世界中に訴えなければいけない。そのうえで戦時中の女性の人権が蹂躙されたことは、日本を始めてとして各国も一緒に反省していきましょう。道義的責任は償っていきますが、国家としての公的責任は日韓基本条約で解決済みでしょう…という意見である。

途中、小池氏が橋下氏の発言を遮って意見を言おうとすると、「話を聞きなさい、共産党!」と言葉を強めて諭した。小池氏はちょっと苦笑いをする。先日の東京都議会の失言問題を思い出した。その場で反論しなきゃいけないよ、小池さん。これはきっと、youtubeで何回も聞くことが出来るだろう。ネット上でにぎやかになることだろう。

話は飛ぶが、ボクは日本共産党は天皇制廃止論なのに、なぜ護憲政党なのか疑問だ。現憲法は象徴天皇制なのに。自分に都合の悪いことはしゃべらない、勝手だな。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-10 14:20 | 日本を考える
あまり気乗りはしなかたっが、ハリウッド映画のゴジラをみてきた。123分の物語。途中で睡魔に襲われることも何度もあり。ゴジラと戦う相手はクモザルかバッタみたいな怪獣であrが。CGを使って高層ビルを壊す壊す。そして主人公の若い夫婦とそのこどもは生き残る。大体戦闘シーンが少ないし、機関銃で怪獣に向かっていくアメリカ軍も滑稽以外の何物でもない。

日本版ゴジラをハリウッド版ゴジラに求めるのは無理でしょう。最初からわかりきっていたでした。ゴジラの目から涙がこぼれるわけじゃないし、情的描写が欠落している。むやみに津波のシーンもでてくる。突然、ゴジラや悪役怪獣が街に現れる。ストーリーなし、この映画が楽しいと思う人は、特撮のCGが好きだけでしょう。

長い長い2時間の映画館での鑑賞でした。家に帰ってヤフー映画のレビュー記事を見ると、評価は低い。やっぱし、入念に調査して映画の良し悪しの探りを入れておかなきゃいけないことを再認識した。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-10 13:50 | movie
朝日新聞の慰安婦ねつ造問題が社会的に大きくなっているようでも、新聞で取り上げるのは産経と読売、ほとんど取り上げないのが毎日とブロック紙、ローカル紙である。更にテレビではフジテレビ、日本テレビの報道番組では取り上げているが、テレビ朝日系「報道ステーション」などは、全く触れずにスルーしている。朝日新聞の論説委員、恵村順一郎がコメンテーターで出演しているにもかかわらずだ。なんか言えよ。ねつ造ごめんなさい。後日社長が謝罪しますとか。

朝日新聞は、日本を貶める新聞であるし、早い時期に廃刊まで持っていかなければいけない。もちろん、文化面やスポーツ面での普及活動などは評価していい面もあるが。肝心の日本という国家の将来を描くことでは百害あって一利なしだ。ここまで、日本が嫌いな全国紙はない。もちろん毎日新聞も同じであるが、朝日が潰れたら毎日も生き残れないだろう。

今日は、土曜日だ、明日のフジテレビの「新報道2001」では、早速、朝日新聞の慰安婦問題捏造が取り上げられているのでぜひ録画しておこう。別の面では、明日のほぼ同じ時間帯のTBS系「サンデーモーニング」では、朝日ねつ造問題は、多分取り上げないだろう。関口の司会者としての教養のなさと、毎回人選されているコメンテーターの左寄りの人間ばかりだから絶対スルーするだろう。これも楽しみの一つ。

所で、今日のTBS系「報道特集」をたまたま見てビックリだ。最後のアンカーマンの金平茂記の言葉にはビックリ、びっくりだ。放送内容は長崎に投下された原爆、その映像を最新技術でデジタル処理した結果、鮮明な原爆投下の様子が再現されたtのこと。悲惨な原爆、そのようなことが二度と起こらないようにしよう……との金平さんと話であった。

そしておおとりの締めの言葉は、こんな風であった。

「原爆を投下したアメリカであるが、貴重な写真や映像を戦後のこの時点で公表したことは、情報公開制度が進んでいる証拠でもあり評価していいと思う。日本も秘密保護法の成立等があり、アメリカに学ぶことがあるように思います」

こっちは、スポーツクラブのランニングマシンの上でイアホンで聴いただけだから、金平氏の言葉の精度は高くない。でも、原爆を投下したアメリカは、その成果を確認したくて終戦直後から、カメラ、映像を持ち込み、調査団を日本に送り込んでいた。言い換えれば、原爆の破壊度を人体実験した成果を確認しようしただけだ。そのことを公開したことを情報公開と結び付け、日本の秘密保護法とは相いれないとする論法の飛躍にはビックリ、びっくりだ。

朝日だけでなくTBS、毎日の政治記者たちも日本が大嫌いみたいだね。
by hyocori-hyoutan | 2014-08-10 00:59 | 日本を考える

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan