朝日新聞 謝罪ニュースに 古舘どう反応?

今日は朝日新聞社長の謝罪会見があった。東京電力の福島原子力発電所の事故に関する「職員が命令無視して逃亡記事」が誤りであったとの謝罪会見だ。これも本当は謝罪する気持ちがなく、当時の吉田所長の調書を公開せよと政府に迫ったものの、亡くなった吉田さんとの非公開の約束があって公開できないとの想定での要求であった。でも若干怒った政府が公開すると言えば、困るのは朝日。政府公開の前の緊急の謝罪会見になった訳だ。

でも吉田証言だけで終わる訳はない。案の定、慰安婦問題…なぜ謝罪しないのか?にも質問は及ぶ。
日頃追及する側の朝日新聞、しかもその社長が追及されるのはなかなか見ることはできない。民主党政権時の菅総理が、市民運動からして権力を追及するのは上手だが、権力を握って追及されるのは弱いことと同じ。朝日社長の木村氏の答弁は弁解ばかりでしゃべればしゃべるほど、後々の追及材料は生まれてくる。

さてさて、久しぶりに報道ステーションを見てみようか。古舘キャスターの顔色を見てみよう。今は21:47だ。これでブログは終わり。今からテレビ朝日だ、報道ステーションを久しぶりに見てみよう。

by hyocori-hyoutan | 2014-09-11 21:47 | 日本を考える

朝日新聞 追い詰められて 反省もどき自己弁護(6)

朝日新聞への様々な謝罪なしの自己弁護記事への反発は雑誌や新聞、テレビの報道番組まで徐々に広がっている。今朝(9/11)の毎日新聞朝刊では、紙面の1ページ半にわたって、朝日の記事の解説とコメントを掲載していた。国際的に問題になったこと、国家の名誉等に係り他国から非難されるような記事は慎重に裏付けを取らないといけない。つまり、事実の検証が朝日はしてこなかったと結論を出している。だんだん、反朝日の体制はできてきた。残りは、テレビ局報道部のTBS、テレビ朝日だけが、取り上げていないだけだ。具体的には関口宏事務所運営の「サンデーモーニング」、古舘オフィス運営の「報道ステーション」の二大反日番組だけになった。
c0070439_22294012.jpg
今回の挺身隊と慰安婦の問題は、今さら読者に説明しなくていいようなもの。国民はそれくらい知っていた。知らなかったのは朝日新聞だけでしょう。知らなかったということ自体、新聞社として責任問題でしょう。それも、「当時研究が進んでいなかった」って言いきれるのか。なんだったら、この記事を書いた記者の両親に聞いてごらん。戦時中を生きた親の世代ならだれでも知っていたこと。読者を言いくるめる魂胆が丸見えだ。「誤用」とは誤って用いることだ。誤用ではなく、国家犯罪にするための意識的悪用にしか過ぎない。朝日は日本の国の経済、社会の中で生きているのに、日本がなくなってしまってもいいのかな。

ともかく、朝日の言う従軍慰安婦=強制連行とは、女性の略奪、監禁、強姦の3つが揃わないといけない。戦時中のこととはいえ、国家がこの3つをすることはありえない。ただし、最近は嘘が明白になったから。女性の人権問題や、自由がない広義の強制性に視点を移しているのはずるい。

by hyocori-hyoutan | 2014-09-11 07:27 | 日本を考える

どうぶつの森 猿さん暇かな 睨みっこ

今回の猿はフサオマキザルです。南米の熱帯雨林に消息しています。体長は30〜55センチメートル。特徴は、頭部に「房(ふさ)」があり、尾を巻いている。
c0070439_2313459.jpg

飼育員からのメッセージによると、とても好奇心旺盛らしい。動きもとても多くユニークなので毎日見ていても飽きない。ボスザル『ジロー』の顔は一見!! ボスとしての風貌もあり一目でわかるという。ボクの撮影したこの写真がボスざるかどうかわからないが、なんとなく風格あり。

by hyocori-hyoutan | 2014-09-07 23:08 | 海の中道海浜公園の思い出

今日も 海の中道公園 カメラは何を撮るのか難しい

引き続き「どうぶつの森」での猿さんです。来園者も少ない平日でありのびのびしていました。
c0070439_23475413.jpg
本日持参したレンズは、ズームで85mmまで、やはり、200mm以上は欲しいですね。動物園では望遠が必需品です。

by hyocori-hyoutan | 2014-09-06 23:51 | 海の中道海浜公園の思い出

海浜公園 どうぶつの森 猿さんをキャッチ

海浜公園内を探索していた。たまたま、NIKONのD7100を抱えていた。猿さんの戯れを見てカメラを構える。
c0070439_22264817.jpg
天気は曇りでちょうどシルエット的な写真がが出来上がった。まあ、記念にブログにアップしておこう。

by hyocori-hyoutan | 2014-09-04 22:29 | 海の中道海浜公園の思い出

朝日新聞 追い詰められて 反省もどき自己弁護(5)

ここ一週間の動きもあわただしい。国内での販売部数1位、3位の週刊誌である「週刊文春」と「週刊新潮」の発売広告が朝日新聞から拒否された。朝日新聞に都合の悪い記事を広告に自社の新聞に載せることができないのが理由である。日ごろから報道の自由や情報公開について厳しい論調なのに、自分のところの非難記事は国民に知らさないということかな。さらに昨日は、朝日に月一回連載していた池上彰氏「新聞ななめ読み」も掲載拒否にあった。怒った池上氏は連載コラム中止の申し入れをしたとのこと。だんだん、問題が自ら大きくしている感じだ。
c0070439_1841045.jpg
ところで、今回の「読者のみなさまへ」は、宮沢首相の訪韓前に朝日が書いた記事だ。「軍の関与を示す資料」をスクープ記事にしたもの。でも、これも軍関与ではなく軍の業者への通達(慰安婦は軍部の了解事項ではない)にしかすぎないもの。でも歪んだ考え、日本軍部悪人論を日ごろから唱えて入れば、「軍関与」と考えてしまうだろう。

更に、挺身隊と慰安婦と言い換えて、その数20万人とも記載してしまった。でもいいわけでは、「慰安婦の人数に関しては議論があるが、公式記録はなく、研究者の推計しかない」と話をまとめている。公式記録はないのは当たり前、じゃ確定していないのなら、数字を上げないのが普通の新聞記者でしょう。あとから書きたいと思いますが、ここで20万人という数字も取り消してもらいたい。はっきりと!

by hyocori-hyoutan | 2014-09-03 19:11 | 日本を考える