私は これで産経に 替えました

30年近く購読していたのが「毎日新聞」であった。でも11月から「産経新聞」へ乗り移った。これまで毎日新聞の偏向した記事には耐えていたのだが、もう限界になった。ただ、年間契約を2年先までしていたため、じっと我慢して、その契約期間終了を迎えたのが10月末に切り替えた。
c0070439_21495515.jpg
産経新聞は記事を読んでいても読みやすい。変なひねりもない。こうあるべきだという押し付けもない。だから目から脳にストレートの入っていく。社説も共感できるものが多い。

アメリカがどうだ、ヨーロッパがどうだ、だから日本は遅れている‥‥的な論説はない。ただ日本が立ち向かわなければいけない問題点を賛否両論で記載して、産経新聞社としての意見も述べる。変に「国民は騙されてはいけない」みたいにセンセーショナルに体制批判をすることはない。

今度の総選挙だって「大義がない」の一辺倒で批判しているのは、朝日や毎日、それにブロック紙の西日本新聞である。いろんな場面で国民に信を問うことができるのは総理大臣の権限だし、2年あまりの現政権の評価を聴くことは問題ない。特に現在の自民党の議席数が減少予想される中での大英断だと思う。近くの国の中には国政選挙なんか50年以上やっていない国もある。国民が政治の方針を選ぶことさえできないのだ。「大義」なんかいう前に自分の主張を実現できる政党を選べばいいだけのことである。

民主主義の根本は選挙である。それを行うのに「大義がない」がないとは民主主義を否定することにもつながる。民主主義とは少数の意見も考慮するが、多くの意見に従うことである。自分の意見が通らないといって「民主主義ではない」というのはおかしい。民主主義とは道具であって、目的ではない。そのことを言葉の遊びでごまかしている気もする。

話は飛んだが、愛すべき日本は、ヨーロッパでもアメリカでもない。日本は日本だ。その日本を土台にして考える新聞が、今後も発行部数を伸ばしてもらいたい。

by hyocori-hyoutan | 2014-11-26 22:35 | 日本を考える

福岡マラソン 気合が30㎞でダウン あとは遠いゴール

福岡マラソンに参加してきた。地元開催だから我が家で目覚めて準備をする。ずいぶん気が楽だ。とりあえず、朝6時20分に家を出て都市高速経由の「天神に向かう。雨が降っているがそれほどひどくない。7時前には天神に着く。天神の角々にはバリケードが置いてあり一般通行者とランナーを区分している。いつもと同じ場所がいつもの状態じゃない、なんとなく緊張をする。家からレースウェアを着ているから後は脱ぐだけ。所定の荷物を決められたトラックに詰め込み、スタート地点に急ぐ。7時55分のスタートブロック閉鎖10分前には集団内に収まる。」ちょうど市役所西側広場とツインビルの間に並ぶ。
c0070439_2150678.jpg
c0070439_21501974.jpg

8時20分のスタート10分前には渡辺通りに導かれる。ただし、スタート付近のセレモニーはスピーカーから遠くて何もわからない。号砲だけはわかったので手元のストップウォッチを押す。スタート時の興奮の中で走りはじめる。流れに身を任す。天神を北上して那の津通りに入る。5kmポイントは博物館付近、やっとばらけて自分のペースで走れる。どうにか30分を切れるペースだ、さあ、どこまでペースを上げていくか、でも無理しちゃいけない。

さて、次の5-10km区間がきょうの調子を占える。唐津街道に出るところが10㎞ポイント。どうにか28分台だ、今日はこんな調子だろう。どこまで30分を切れるペースでいけるかが勝負だ。やっぱし4時間一桁がゴールタイムかなと思う。

14㎞付近は今宿バイパスからの車両を避けるため、今宿駅前の狭い繁華街に入る。沿道は応援の人であふれている。校区ごとの応援が素晴らしい。他のマラソン大会よりも熱気が感じられる。まだまだ快調である。18㎞過ぎから最初の難関である九州大学伊都キャンパスの30mほどの上りのかかるが脚力はまだまだ衰えず。九大応援団の熱いエールを受けて走り続ける。九大の女子学生も一人応援団に入っている。高い気合のこもった声がランナーを勇気づける。ハーフは2時間00分(ネット)で通過。狙いあは4時間10分か?

でも予定通り後半の苦しみが訪れてくる。今津海づり公園から足が止まったのが意識できた。案の定25-30㎞が31分台に落ちた。あとはどこまで粘れるかだ。本当は35㎞までイーブンで行きたかったが、ぺーうダウンのポイントが早すぎた。景色は海岸沿いで素晴らしいが、気持ちはどんよりとしてくる。更に追い打ちをかけるのが、峠越えみたいな30mのアップダウンが3か所ある。ボディブローみたいに効いてくる。足が止まり体が右に傾く。疲労した時の癖である。中央ラインにおいてあるコーンに何度もぶつかりそうになる。

それでも、ともかく足を前に進めばゴールが見えてくる。最後はキロ7分半近くまで落ち込んでしまうが、何とかゴールできる。さすが60歳を超えると脚力の衰えは目につく。もう4時間は切れないのかな……。
c0070439_2150306.jpg

c0070439_21504150.jpg
ゴール後は体育館で)着替えをしてから前原駅までシャトルバスに乗ろうとするも、これも長蛇の列、昭和バスが一生懸命さばいているが、参加者1万人、応援者2万人を裁くには無理がある。きっとネットで不満が高まると思う。まあ、ボクの福岡マラソンの完走記はこれまで。福岡マラソンの評価は次のブログに書いて行こう。
c0070439_227694.jpg

by hyocori-hyoutan | 2014-11-13 23:01 | ランニング大会奮闘記

福岡マラソン 感謝の気持ちで ファンランするぞ

第一回大会になる「福岡マラソン」のナンバーカードをもらいに福岡市役所まで行ってきた。今日は金曜日、明日までの2日間で受付できる。一日目の平日だから受付会場も閑散としている。事前に通知を受けていたナンバーカード「4766」のところの受付に行く。全く並ばずにすぐに受付完了。
c0070439_23312692.jpg

c0070439_23315771.jpg
協賛は福岡トヨタも加わっている。ピンクのクラウンの前で記念写真もとってくれる。親切なことにタイム表示板も用意してくれて、目標タイムを入力してくれる。ボクは、とりあえず3時間59分と伝えた。何とかサブ4はクリアしたいもの。まあ、プラス20分くらいまでが許容範囲かな。
c0070439_23314177.jpg
そのあと、アクロス南側の芝生広場で参加記念Tシャツをもらって本日の受付は終了だ。あとは当日の無風、曇り空を期待するのみ。5倍の競争率を勝ち抜いた(運が良かった)のだから、感謝を込めて走り抜こう。
c0070439_23321222.jpg

by hyocori-hyoutan | 2014-11-07 23:51 | ランニング大会奮闘記