道徳教育 民主主義国家では 必要なもの

道徳教育についての意見は様々である。12/29(月)の産経新聞の「正論」欄に加地伸行氏(立命館大学)が執筆していた。読みやすく理解しやすかった。以下、その感想である。

人間は生物だし、根本的には利己主義である。しかし、家族の形成、地域社会の形成、そして国家の形成をする道を人間は辿ってくる中で協調して我慢することを学んで、文明、文化を発展させてきた。社会の中で己の生きる楽しみを築いて、社会なしでは、人間は生きることが出来なくなった。そのために社会を守るためのルールを作り、それを守ってきた。ルールが崩壊すれば社会も崩壊する。社会が崩壊すれば、一人ひとりの生きる楽しみ、物、そして心の豊かさも喪失する。その社会を守るルールが「道徳」になる。

もちろん、人間の歴史の中で一部の人間が権力をもつ全体主義の時代(今の北朝鮮や中国もそうだ)もあった。そこでは、権力者の保身で社会のルールの押し付けをして、個人個人の生きる権利が制約されてきたのも事実だ。その負の歴史を経験したからこそ、個人の自由や多用な価値観を守ろうとする動きもある。これは、力での制圧に対する人間の根源的な反発であり自由願望である。

そして世界の多くは民主主義制度を取り入れた。一部に権力が集中する全体主義への反省からである。日本も戦後の繁栄は民主主義から来ている。だから、今、道徳教育が進める狙いは「心」の豊かさへの転換であり、世界の国々から尊敬できる民度を高めることである。道徳は、これを実現に導く人間の英知だ。

また、道徳は絶対的なもの、相対的なものに分けられる。絶対的道徳は、人を殺してはいけない、物を盗んではいけない・・・といった社会秩序の鉄則、公徳である。相対的な道徳は、自己実現と社会的使命の間で苦悩積み重ねる中で、生き方を学ぶ訓練である。それには正解がない自己訓練だ。たとえば、遭難にあって3人が乗ったボートであるが、このままでは沈んでしまう。一人しか乗れないのだ。その時どうするのか・・・。こんな設定が個人の判断力を高めていく。これを私徳という。

道徳教育とは、公徳を徹底的鍛え、私徳の考えを高めていくことになる。これが民主主義社会での道徳教育になる。ただし、日本の政治体制を全体主義としてとらえたら、道徳教育反対になり、民主主義社会としてとらえたら、道徳教育賛成になる。

民主主義政権に対して批判的なジャーナリズムは必要であるが、民意を反映した総選挙の結果の政権を全体主義、個人の自由を奪う政権と位置づける朝日や毎日新聞の論調はおかしいものだ。総選挙の結果を認めず、投票率や選挙制度のせいにして、現実を認めてないように思う。

by hyocori-hyoutan | 2014-12-30 14:09 | 日本を考える

年賀状 友の顔を 浮かべて一筆

また、年賀状を書かなければいけない時期になった。ボクは、ここ10年くらいは新規に賀状の追加は無し。相手から賀状をもらって返事を出すことに徹底している。そのことで気に入らないのは、自分から賀状を出していて翌年は賀状を出さない人である。こっちは、昨年同様に出しているのにね。

賀状も年々整理して枚数を減らしている。ただ、賀状だけのやり取りの知人に対しての打ち切りは躊躇することも事実である。賀状の途絶えはその人との途絶えを意味する。還暦を過ぎてしまうと、今後もその人との交流もないだろうと思うが、打ち切る決意はなかなかつかない。

そんなことを、思いながら今年もPCに向かい合っている。なんとかクリスマスイブには投函をしよう。「今年もいろんなことにチャレンジしまう、今年もよろしく!」のコメントを添えて・・・。

by hyocori-hyoutan | 2014-12-22 08:19 | ああ無常

総選挙 国民はバカじゃないのに 左の批判は変わらず

衆議院総選挙も終わって5日経過した。今日テレビ(12/18)を見ていたら自民党のCMが流れていた。結構頻繁に。普通なら選挙後は流れないのに自民党が選挙広報みたいに流す真意はどこにあるのか?ボクの考えでは、これからの政策推進には日頃の広報が重要だと認識したせいかな。結構、野党や左側の人から批判されていた「この道しかない、アベノミクスを推進する」というキャッチフレーズのCMを流すことで、左寄りのマスコミに戦うことを宣言したのかもしれない。もちろん、このマスコミには産経、讀賣は含まれないが‥。

それにしても、選挙の投票率が低いのは、争点がなかったとの論調が多かったが、投票率の低いのは、現状が変わらないだろうという意識が高いことにあるが、現状が変わらないという意識は「あきらめ」と「現状に満足していること」の2つがある。マスコミは「あきらめ」ばかり強調するが、「現状に満足している」もかなりに割合がいると思う。イスラムの争い、中国の共産党支配の選挙さえも行えない状況など世界ではもめごとは絶えないが、日本では医療制度も皆保険、年金も厳しいながらも他国と比べたら満足のいくものだと思う。

それに、日本は民主主義国家だ、頻繁に総選挙も行える。もし不満が高まれば選挙で体制を変えることもできる。選挙で日本共産党政権さえも樹立されることもできる。だから、諦めているから選挙に行かないという論調は、日本国民を見くびっている以外の何物でもない。それほど日本国民はバカじゃないと思う。

中国共産党の新聞の論調は、投票率の低いのは今の政権への諦めであると書いていたという。他国の選挙結果へのコメントしては、内政干渉に近いと思う。お前の国で自由な選挙やってからにしてほしいものだ。日本に対して常に、上から目線で話す姿勢は気分が悪い。

by hyocori-hyoutan | 2014-12-19 00:44 | 日本を考える

福岡国際マラソン 日本人の優勝 ならずでちょっと寂し

福岡国際マラソンの応援に行ってきた。今回は5㎞地点と40㎞地点での応援である。まずは5㎞の西新地区である。まだまだ大集団でカメラを構えていると選手がわからない。
c0070439_0352545.jpg
第一集団に続いて第2集団も続く。
c0070439_0353790.jpg
その1時間半後には40㎞地点で応援。途中は昼飯タイムでスマホで試合経過を観察していた。ワンセグの調子は悪く残念であった。トップはケニアのマウイ選手、まだまだ軽快である。
c0070439_0355077.jpg
2位争いはモンゴルのバトウチル選手とエチオピアの選手、バトウチルもきつそう、抜かれてしまうか。
c0070439_036548.jpg
続いて来たのは、ホンダの藤原正和選手、33歳のベテランだ。勝負強い。単独4位に上がって上を狙う。
c0070439_0362040.jpg
その後ろ、そのまた後ろに中本選手がやってくる。ちょっと疲労感もある。今日は粘りが発揮できないか。日本のエースとしては残念だ。
c0070439_036323.jpg
今年は沿道の応援が少ない。やはり川口選手(埼玉県職)の不参加の影響が大きい。今は最大の人気が川口選手、その不参加の影響は大きい。ちなみに同日の那覇マラソンに川口選手は出場して大会記録を10分近く更新する2時間13分で優勝したらしい。早く日本の新のエースの誕生が期待したい。

by hyocori-hyoutan | 2014-12-08 00:38 | スポーツに一言

選挙に行きますか それとも人間やめますか 笑うには気分悪し

12/7(日)のTBSのサンデーモーニングを見た。正確には時々見た。関口宏が進行する悪名高き反日番組だ。総選挙一週間前だから、どんな放送をするか観察した。やっぱしすごい番組だ。選挙期間中だから政治色を薄めて放送するかと思っていたけど、そうじゃなかった。ゲストコメンテーターの姜尚中が選挙のことについてコメントを出す。「今度の総選挙は、選挙に行きますか?それとも人間やめますか?」という選挙と言った。その背景は自民党で300議席を上回る議席獲得が新聞予想があった。つまり、選挙に行って野党に投票して安倍の憲法改正等の暴走を止めなきゃいけない。「選挙に行かないということは、戦争をする国になりつまり人間を辞めなきゃいけないよ」と言ったのだ。確かに姜尚中は焦っていた。

だって、仮に社会民主党などが大躍進が予想されるなら、姜尚中はこう言っていただろう。。「今度の総選挙は、選挙に行きますか?それとも新しい日本の姿に参加しないのですか?」でも、よく考えたら、姜尚中は在日の韓国籍だという。選挙権がないんだ。選挙権のない外国人が「人間やめますか」まで言ってしまうかな?日本人が韓国のテレビで、韓国の選挙について、同じような発言をしたら国家侮辱罪で監禁されるのがオチだろう。

更に、写真家の浅井氏が「選挙の結果では白紙委任したことになる」と言った。集団的自衛権などをを含めて「白紙委任したことになる」これも選挙結果(自民党300議席以上)を受けての発言だ。だから「このままでは白紙委任になって大変なことになるんだよ。よく考えて野党に投票をしましょう」と言っているのと同じ。これもおかしい。選挙に向けての政党方針、公約は発表しているのであり、選挙結果での政権党の方針に賛同しただけのこと。白紙委任という言葉がいかに国民をバカにしているのか問いたい。

大体、これまで自民党が機密保護や集団的自衛権についての国会で法案をあげると、そんなことを白紙委任していない、そんなことをすると選挙で民意を問え!と言ってきた連中が、「大義がない」「白紙委任したことになるぞ」と真逆なことを公共のテレビで言っている。TBSの報道部を変な人間が多い。

by hyocori-hyoutan | 2014-12-07 23:14 | 日本を考える

人間ドック 年一で行って20年経過 今年も無事であれ!

年一回の人間ドッグに行ってきた。月一で高血圧や心臓、糖尿病予備軍としての通院はしているので、とりあえずの健康状態は把握しているが、胃カメラと大腸内視鏡は人間ドッグでしかできない。この検査は前日から、おかゆ等の消化のいいものを中心に食生活をしなければいけない。でも人間ドッグ20年の経験者になると緊張感も薄れ気味。前日に昼におにぎり、フランクフルトソーセージ、から揚げなどを食べて人間ドッグを迎えた。

もちろん、下剤を飲んで胃腸をキレイキレイに努めるが、前日の食べ物が消化できずなかなか綺麗にならない.結局、下剤300cc追加の水1500ccを追加して、やっと便も透明になった。腹の中は水でチャボンチャボンになってしまった。それでも何とか無事に大腸内視鏡検査も無事に終わる。来年への教訓として、やはり守るべきは検査前日の節制が第一ということ。

夕方5時過ぎに検査終了。お腹も空いたし美味しいものが食べたい。ファミレスの「フォルクス」に行って腹いっぱいになる。昼間は下剤、水で腹いっぱいになったが、夜はビール、ワインで腹いっぱいになった。あとは検査結果の吉報を待つのみ。そうそう、右耳がやや難聴ということが分かった。老眼は10年以上前から始まったが、そろそろ難聴の年齢になってきたか…。寂しいけどこれも長い人生では仕方ないこと。

by hyocori-hyoutan | 2014-12-01 22:02 | 健康化大作戦