ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新年を迎えて新しいクロスバイクが欲しくなった。今回は少し頑張った。ブランドの"Giant RX3"だ。近くのDepoスポーツの専門コーナーで購入した。前回のクロスバイクはイオンの自転車コーナーから比べると大きな進化(?)だ。
c0070439_21523342.jpg
やはりブランド品が欲しかった。当初はGiantのX5であったが、スタッフの話を聴いているうちに、2ランクアップのRX3で話がまとまった。付属品を含めて8万円の大枚をはたいた。今日は2回目の通勤に使った。風を切って爽快にペダルをこぐ。とても楽にトップスピードに乗れる。もちろん、細身のタイヤ(28mm)だから乗り心地は路面のゴトゴトを拾っていくが、それも爽快に感じる。

サドルのポジションは、スタッフが勧めるポイントより低めにした。やはり、1年前の転倒、鎖骨骨折が怖い。スピードタイプの自転車であるが、年齢を考えて安全運転で行こう。これで通勤バイクも楽しみになった。もちろん、古いバイクもタイヤ交換して現役を維持した。雨天時や街の駐輪場使用時は古いクロスバイク、街中駐輪予定なく盗難の恐れのない晴天時のみGiantRX3を使うことにしよう。ルンルン・・・。
by hyocori-hyoutan | 2015-01-16 22:09 | 日々ランの雑感
北島三郎最終公演(博多座)に行ってきた。デビューして53年、函館の女から様々な演歌ヒット曲を飛ばす、日本の演歌界の重鎮だ。そのサブちゃんも2015年1月の博多座公演が長期公演(劇と歌)の見納めになる。御年78歳である。さすがに時代劇「国定忠治」の立ち回りでは、剣さばきなどの体力の衰えは隠しようがなかったが、歌謡ヒットパレードは見ごたえがあった。持ち歌がめちゃくちゃ多いから、フルコーラスではなく一番しか歌わない。それでどんどんつないでいく。
c0070439_0125071.jpg
そしてラスト30分は豪華な舞台上で、北の漁場、祭りを熱唱して場内は大きな盛り上がりを迎える。総勢100名を超える出演者が舞台に全員そろう。最高のフィナーレだ。あまり、若い頃は演歌に興味は持っていなかった。でも還暦を過ぎてしまうと、演歌にも興味を持ってきた。サブちゃんの最終公演だし、最後と思うと無性に目に焼き付けたくなった。期待に応える舞台であった。

周りを見合わすとボク達より年上の夫婦が多い、平均年齢が70歳はある感じ。ロビーでは携帯電話を広げている人が多く見受けられたあ、スマホではなくガラ携帯が圧倒的に多かった。やはり高齢者にはスマホのハードルは高いみたい。

今日が公演2日目、今月29日まで最終公演が続くが、すでにチケットは完売である。演歌の人気は下降線だが、北島三郎の人気の底力を感じた一日だった。やはり生の迫力はすごい。
by hyocori-hyoutan | 2015-01-08 00:25 | movie
新年あけましておめでとうございます。昨年の正月は鎖骨骨折のために入院生活・・・。それと比べると今年の正月は我が家での生活になり満足である。ただし、昨年途切れた元旦三社詣りは、今年は寒波襲来と今一つのやる気のなさのために何もしないままとなった。自分の意志で途絶えたのだから何も反省する必要がないが、少しはさみしい気持ちがある正月である。そして、今日は正月三日である。完全休養になった三が日である。
c0070439_229936.jpg
とりあえず、毎年のように写真アップしている我が家の雑煮である、飛魚だしの吸い物に定番の蒲鉾、シイタケ、餅である。特徴とすれば、かつお菜(高菜の仲間)と小豆を入れることかな。これで正月気分は大いに盛り上がる。

さて、今年の抱負は何だろう。この年になると、はやる気持ちは年々増してくるが、じっくり腰を落ち着けてこれから先の60歳台、70歳台も考えなければならない。まずは、第一は、頑張って65歳までは仕事を続けて行こうと思う。第二は酒の量を抑えること、一日二合以内にしよう。第三にこつこつとPCのスキルを高めていこう。第四に身の回りの整理をしていき身軽になろう。第五に読書の質を高めよう、特に日本の未来について考えて行こう。第六に走り続けよう、マラソンもサブ4を切るように努力しよう。

1から6まで記載したが、これを続けることが出来るかどうかは己の健康、家族の健康、そしてさまざまな事故に遭遇しないように気を付けて生活すること。これから先の一年一年は早いかもしれないが、早く過ぎ去ると思うのは充実している時に感じるらしい。苦労が続くとなかなか時が流れないともいう。

過ぎてしまえば長く感じても短く感じても、大きな問題ではない。その一瞬一瞬を投げずに、真っ向から向かい合えるかどうか、さきの将来像を描いて努力する意欲を持っているかどうかだと思う。このブログも己が現実に逃げずに将来に向かって進めるための貴重な道具だと思う。
by hyocori-hyoutan | 2015-01-03 22:37 | ああ無常

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan