もしもしって 電話マナー 今はダメ

職場研修があった。ビジネスマナー電話編だった。
受話器を取って、「もしもし」は×‥‥。もしもしは、江戸の昔の殿の「申す申す」から来た言葉で、殿が目下の者に「申すから近く寄れ」みたいな感じの言葉で相手が目下の時の言葉的なものであるからビジネスマナーとしてはダメ。
c0070439_1111226.jpg
ホントかなと思い、ネットで調べたら、電話交換手(昔は直通じゃなく必ず電話を取り次ぐ部署がっあった)が、電話の相手に対して失礼にならないように「申し上げます」といったのが語源って説明もあった。調べると、他にもいろんな説もあった。言葉の語源は面白い。結局今のマナーとしてダメなのは、曖昧で分かりずらい。今は、クッション言葉がいいらしい。雰囲気を和らげる言葉を投げかけて心を和ませる。時候の挨拶的なものや相手への思いやりの言葉がよいとのこと。

そして、職場の実践ロールプレーニングを行う。利用の申し込みを電話で受け付けをする。聴取することが一杯だから10分以上になった。これじゃ相手の電話代もかかる、聴き取りミスの可能性も高まる、事務効率も落ちる‥‥改善の余地あり。やはりネット申し込み、聴取項目の厳選など課題が多く出た。実践的な研修だった。

ところで、電話をとる最初の言葉で「はい、〇〇会社です」もよく使う言葉でOK。この「はい」は「拝意」から来ているとのこと、意見を拝みます、伺いますってきた意味だそうだ。

by hyocori-hyoutan | 2015-04-29 11:02 | ああ無常

うみたまご 水族館といっても 個性が輝く

先日行った大分の「うみたまご」水族館で撮った写真の中で、まあまあの出来の写真をアップ。福岡のマリンワールドと比べて新しいだけに、展示方法などが進んでいる。できるだけ身近に感じられるような設計がなされている。
c0070439_842355.jpg
c0070439_8424692.jpg
ガラス越しではない展示が多く、水槽も明るく照明がきれい。やはりリピータが多くなければ、長期的にも入場者の確保はできない。「うみたまご」は、また行ってみたいとおもう水族館であった。
c0070439_842301.jpg
c0070439_8421523.jpg

by hyocori-hyoutan | 2015-04-27 08:52 | 家族

デリカD:5  大型バンパー 大口を広げる

c0070439_82057100.jpg
先日、愛車のデリカD:5のフロントバンパーをこすってしまった。駐車場入れの時、見込みより少し前進しすぎて、筋が少し入った。それでもバンパー交換なら25000円程度だった。そこで思案‥‥。大型バンパーを取り付けよう、経費は60000円くらいだが、見た目はかっこよくなるからね。フロントグリルを取り囲む大口みたいなのが大型バンパー。これまで街中で出会ったデリカD:5でも、このオプションは少な目。本人としては気に入っている。

by hyocori-hyoutan | 2015-04-22 08:21 | デリカD5

フラワーピクニック 海中に 色彩が踊り舞う

海中公園は今日はいい天気。風は強いが春の陽の暖かさを感じる。海も穏やかであった。向こうに見えるは志賀島・・・。
c0070439_22255274.jpg
海浜公園内はチューリップが見ごろになった。チューリップと言っても品種は一杯で覚えきれない。品種のプレートを先に先にとって撮影して忘れないようにする。
c0070439_2226618.jpg
鮮やかなレッド、大きな花弁が風に大きくなびいている。
c0070439_2226206.jpg
c0070439_2226319.jpg
c0070439_22264679.jpg
大芝生広場に辿り着くと瑠璃唐草が咲き誇っている。花絨毯が遠くまで霞んで見える。
c0070439_2227427.jpg
今日はたまたま、海浜公園まで遠征をしたが、この綺麗な花たちは、ゴールデンウィークに向けてますます咲き誇る。フラワーピックニックも、これからだ。
c0070439_22271737.jpg

by hyocori-hyoutan | 2015-04-10 22:38 | 海の中道海浜公園の思い出

青少年海の家 今年もここで 頑張ります

4月に入ってしまった。もう新年度である。勤務している「海の中道青少年海の家」の管理は、福岡市から指定管理者に変わった。でもボクは引き続き勤務している。今までの市職員、市退職OB嘱託、採用嘱託の3身分であったのが、全員契約社員に一元化された。このメリットは大きい。社員の一元化とあわせて、実力、能力に合わせての職務職階が与えられたから。これまでのどんなに頑張っても、今の状況が変わるわけないという諦めが、頑張れば変えることが出来ると思うようになった。

色んな事業の反省会、運営の改善についての会議でも、意見は出でも問題提起に終わっていたのが、具体的にどう変えたいという意見まで出てきた。これは組織が活性化してきた証である。ぜひともこの雰囲気を継続して魅力ある組織に変えていきたい。

指定管理者としては3年間に管理期間を与えられた。その期間に成果を上げなければいけない。一に利用者増への取り組みだ。延べ利用者56000人を65000人へ・・・。そして利用者の満足度アップへ。もちろん職員のやる気度、充実感もアップしなければいけない。まずはその取り組みへの初速をアップしよう。こんなのは出足にかかっている。
c0070439_20473648.jpg
皆さんも利用してみてください。これから「海の中道青少年海の家」のPR記事もアップしていきますよ。

by hyocori-hyoutan | 2015-04-05 20:48 | 海の中道海浜公園の思い出