真実って 人それぞれ 老いて言葉に深みを

政界の長老が物申すらしい。情報の入手先は記者クラブらしいが、あまりその情報元はどうでもいい。その当事者は70後半の河野、そして『90歳代の村山の両ご意見番(本人はそう思っているらしい)だ。

記者会見で、色紙に一筆と言われたら河野さんは、「真実」、村山さんは「よこしまな気持ちなし」…ちょっと難しいが「邪悪心なし」である。あほ臭い、青々しい、超高齢者の純粋無垢は、評価する面もあるが、元政治家の発言には違和感がある。二人とも日本を背負った政治家なのに、まだ枯れていないし青く感じるのは何故?
特に、ボクの20代に自民党から離党して「新自由クラブ」を結成した時の河野さんはカッコよかったが、晩年はみすぼらしいい。

真実なんて、学生が好む言葉、世の中を70年、80年生き抜いてきた人間は、「真実」に近い言葉は何と言うか?ボクならば「真実なんて時代ともに変わるのが世の常、自分が信じてきたことさえ信じられれなくなるのも長く生きた人間の宿命か」と思う。子どもの頃と全てが変わる世の中、その流れに合わせていくのが精一杯の我が身だもの。

だからこそ、日本の政治の中心にいた人間が、世の中の流れに身を閉ざし、「真実」や「よこしまなし」なんて声高に訴えるのは恥ずかしいし青臭い。それは心の問題であって、かっこよく人前で言うべきでない。でもそれを言いたいのは、権力を握っていても、その権力を発揮できなかったことへの、未練とノスタルジーがあるかもしれない。いや、そうに違いない。

by hyocori-hyoutan | 2015-06-12 23:37 | 日本を考える

真実なんて

昔の政界の長老が物申すらしい。情報の入手先は記者クラブらしいが、あまりその情報元はどうでもいい。その元長老は河野、村山のご意見番(本人はそう思っているらしい)だ。二人とも、ある時期は党派は違うが総理と幹事長だったらしい。

記者会見で、色紙に一筆と言われたら河野さんは、「真実」、村山さんは「よこしまな気持ちなし」…ちょっと難しいが「邪悪芯なし」である。あほ臭い、青々しい、バカな純粋無垢でしかない。二人とも日本を背負った政治家なのに、まだ80歳を超えているのに枯れていないし青く感じるのは何故?(河野さんはかろうじて70歳代)。
特に、ボクの20代に自民党から離党して「新自由クラブ」を結成した時の河野さんはカッコよかったが、晩年はみすぼらしいい。

真実なんて、学生が好む言葉、世の中を70年、80年生き抜いてきた人間は、「真実」に近い言葉でもなんと行くか?ボクならば「真実なんて時代ともに変わるのが世の常、自分が信じてきたことさえ信じられれなくなるのも長く生きた人間の宿命か」と思う。子どもの頃と全てが変わる世の中、その流れに合わせていくのが精一杯の我が身だもの。

だからこそ、日本の政治の中心にいた人間が、世の中の流れに身を閉ざし、「真実」や「よこしまなし」なんて声高に訴えるのは恥ずかしいし青臭い。それは心の問題であって、かっこよく人前で言うべきでない。でも
それを言いたいのは、権力を握っていても、その権力を発揮できなかったことへの、未練とノスタルジーがあるかもしれない。いや、そうに違いない。

by hyocori-hyoutan | 2015-06-12 23:37 | 日本を考える

学者とは 世間に夢を 御用学者は要らない

憲法学者という専門家の領域があるらしい。憲法解釈に学者がいるほどその解釈が難しいのは、その憲法は問題アリということだ。憲法とは国民誰でもが理解できる平易なものであるべきだ。抽象的な表現な憲法、その解釈で飯が食えるなんて世界中探してもそんな国はない。法学者は普遍的でも憲法学者は日本的なものだろう。憲法解釈上で様々な憶測が生じそのことで国会審議が停滞するなんて愚の骨頂だ。

憲法学者にとって、日本語と離れている文言の憲法、抽象的な憲法であればあるだけ、活動の場があるのだろう。だから、今の解釈の難しい憲法が最高であろう。だれでもわかりやすい憲法になったら飯の食い上げになる。

今日の国会の証人喚問で、憲法学者と言われる人の発言内容を聞いた最初の印象だ。学者とは世間に対して夢を与えるべき英知を持っている人が与えられるべき職業だ。世の中の体制側の言葉や現状肯定的な発言の多い人に学者の表号は与えるべきでない。

by hyocori-hyoutan | 2015-06-04 23:01 | 日本を考える