ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ
2005/2/24 (木)
ルネサンスのトレッドミルで一日の最高距離を達成!エアロはせずに、Runオンリーと考え15kmを目指しましたが、予定を上回る17kmも走ってしまいました。
長い距離走破が目標で、10.5~11km/hのスピードで無理せずに走り、隣のトレッドミルの知人とのRun談義でリラックスした走りが出来ました♪

時間にして1時間40分、壁に立ち向かい、よく走ったと思います。
7km走ってTシャツ着替え、6km走ってまた着替え、最後は4kmで締めました。

ランニング中は喉かわきがなく、ペットボトル1本くらいの水分補給でしたが、帰宅してのど渇きが激しく、ビール2本、牛乳、麦茶、浄化水等々、いくら飲んだか分からないほどでした。くたびれた……けど気持ちいい!
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-24 09:00 | 日々ランの雑感
2005/2/23 (水)
雑誌「ランナーズ」を読んでいると、
難病を克服してランニングの世界に没頭している人のレポートが
よく掲載されていますね。

「走る」ということは、家族全員が健康であって、
仕事が順調で、そして家庭生活が円満であることが条件……
と思っている自分にとって、逆境をバネにして走られる方の精神力には脱帽します。

でも、少しはその考えも分かります。
走ることは、すべてをプラス思考に換えてしまうからですね。

小さいことで悩むのは止めよう、なるようにしかならない……
プラス思考とはちょっと違うけど開き直りの考えも良く出てきます。
また、ちょっとしたアイデアも走りながら生まれてきますね。

ランニングは体の健康のためだけでなく、心の健康にもいいですね。
やっぱり、ランニングは止められない……
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-23 11:05 | ランニングと人生
2005/2/22 (火)
仕事で遅くなり、マイカーは既に妻と一緒にスポーツクラブに行っており、やむを得ずランニングで……スポーツクラブへ。
50日ぶりの屋外ランで3km走りました。(元旦以来、トレッドミルオンリーでした)

久しぶりの屋外ランの印象は、体と足がバラバラで、走るのがつらい感じ……
やはり、トレッドミルと屋外ランは違う。
屋外ランは寒さと足の衝撃、路面の凸凹が集中力をなくします。
春の大会出場に慣れるためにも屋外に出よう!
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-22 09:51 | ランニングと人生
2005/2/21 (月)
今年2度目の寒波襲来、春間近の寒さは堪えます。
でも頑張って自転車通勤だけは実行して体調維持に努めました。

西日本新聞の朝刊を見ると「延岡西日本マラソン」が昨日開催されていました。
完走者全記録をみていると知人も見事に完走してました。
年齢は私より1歳年上で、昔はマラソン大会で競り合った仲ですが、
3時間05分で完走しているのは、見事の一言です。
精進の賜物でしょう。

それに比べると自分は……。
頑張ろうという気持ちより別世界の出来事という考えの方が先に来ます。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-21 09:58 | ランニングと人生
2005/2/20 (日)
いつもの日曜日の日課、エアロ60とランニングを行いました。
エアロは前列にスペースがあったので、イントラの横の最前列で、
緊張感をもって60分がんばりました。
いつもより汗の量も多かったかな。

間違えたら、よく名前を呼ばれるので、
名前を呼ばれないようにがんばったつもりですが、
ちょっと集中力が切れたところで、動きが立ち止まってしまい、
「お父さん、まちがっている……」と親しみを込めたアドバイスがありました。
まあ、気にせずに楽しく60分でTシャツ1枚、汗びっしょり。

ランニングは、小雪が舞う寒さのため、トレッドミルで12km(67分)走破。
こちらは途中Tシャツを着替えて、やはり汗びっしょり。
そして、腹筋、ストレッチを30分、ルネサンスで4時間、ルネ三昧の一日でした。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-20 10:02 | エアロビクス
2005/2/19 (土)
映画、「Ray」を見てきました。
レイ・チャールズの生きざまを映画化したものですが、とても見ごたえがありました。

1950年代から60年代の若かりし頃のレイ・チャールズが盲目、人種差別、家族愛、そして麻薬と戦いながら、スターに上り詰めていく生きざまが、レイ・チャールズの曲とともに見事に映像化されていました。

一つ一つの楽曲が、愛人と葛藤やコンサートの中での即興で作られたワンシーンを観ることにより、完成品でしか知らなかった曲への理解が深まった気がしました。
また、それほどのファンではなかったのですが、映画で出てくる曲は口づさむ事が出来る曲ばかりで、いかにレイの歌が時代の中に浸透していたかがわかります。

「わが心のジョージア」「What'd I say」……、今晩は久しぶりに興奮しました。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-19 10:07 | movie
2005/2/18 (金)
娘①が卒業旅行で、イタリアにいったのは1月。
楽しい旅行になる予定が宿泊先のホテルで、スーツケースがなくなってしまった。
当初は盗難と言われ、旅行中は代わりのスーツケースを購入して不自由な旅行を続けて日本に帰宅しました。

しかし、日本に戻ってきて、旅行会社から連絡があり、スーツケースを部屋に届ける際に、ホテル側が誤配をしてしまい、帰国後に発見され、日本へ送っているとのこと。
そして、3週間後の今日税関に行き、スーツケースを引き取って来ました。

なつかしのスーツケースとの再会です。それにしても、精神的苦痛を含めて、誰に文句を言えばいいの!旅行会社はすいませんと謝罪するのみ、それだけで済むのかな?
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-18 10:14 | 家族
2005/2/17 (木)
前職場の有志6人での飲み会が開かれ、久しぶりに「もつ鍋」を食べました。

年齢は20歳台の女性から60歳台のOBまでの幅広いメンバーで、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
人間って、善人、悪人というようにキチンと分けられないのが常と思いますが、気の合う者同士の飲み会なんかは、みんな善人だから楽しい……つい思ってしまいます。

2次会は更に居酒屋でワインを飲み干して帰宅しました。
最近は、外で飲む機会もめっきり減り、ルネ三昧の日々ですね。
酒を飲むよりスポーツで汗を流した方がどれだけ爽快かは、ス
ポーツしている人間しかわからないでしょうね。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-17 10:17 | 家族
2005/2/16 (水)  
ルネサンス香椎のメンバーを中心に「2時間走大会」を3月13日に開催します。今回が3回目、場所は「みなと百年公園」です。
c0070439_20132932.jpg
今日、みんなにチラシを配りました。速いだけでなく、遅い人も同じ時間に終わるのが、時間走大会のいいところですね。年2回開催して、恒例の行事になればいいと思います。

また、その後の打ち上げも楽しいものです。あとは、当日が天気になることを祈るのみ……その時までには、このホームページも公開したいものです。でも、毎日書き続けるって、ちょっと大変ですね。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-16 10:25 | 2時間走・大脱走
2005/2/15 (火)
ホームページを作成しようと思いつき、最近パソコンに向かう時間が増えました。
また、過去のランニング記録を整理していますが、
整理しながら、つい昔のメモ帳を読みふけってしまいます。

1980年代後半から90年代にかけての30歳代は、本当にランニングを頑張っていました。
その昔の記憶が鮮明に浮かび上がって、今日もルネサンスに行ったところ、
トレッドミルで15km、約1時間30分も走ってしまいました。

気持ちが興奮していたせいか、快調でしたね。
明日の反動がちょっと怖いかな。
壁や鏡を見ながらひたすら走るのは、経験のない人には信じられないトレッドミルの世界ですが、慣れると気持ちのいいものです。
トレッドミルは一人といいながら、実は15台ほど並んだトレッドミルの上を走っている同じルネサンスの会員に助けられて走っているんだなあ……と再認識いたしました。 

(追伸)今日は雨でバス通勤でした。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-15 10:28 | ランニングと人生
2005/2/14 (月)
今日、さが桜マラソン(ハーフ)の申し込みをしました。
締め切り日は、2月15日、いつもの如く、ぎりぎりの申し込みです。
あと1ヶ月半はありますから、そろそろトレッドミルから春の息吹を感じる屋外のランニングに切り替えましょうかね。

申し込みといえば、博多座の4月公演「放浪記」のチケット申し込み開始から今日で3日目だというのに、ほとんど完売状態……。
申し込んでも3階席のC席ばかりとのこと。
やはり早め早めの行動をしなければ、いいものには巡り合わないということでしょう。

ということで、明日は、時間に余裕をもって通勤することにしましょう。
(いつも通勤自転車ですので、5分早く出ればゆっくり出来ンですが年るのです。)
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-14 10:33 | ランニングと人生
2005/2/13 (日)
東京国際マラソンを見ながら、パソコンに向かっています。
ゲストの小倉智昭さん、さすがに陸上好きであることが分かりますね。
コメントのひとつひとつが的確で、昔の陸上界に精通されているし、選手への愛情があります。

今、市ヶ谷の37km地点の上り坂です。
小倉さんの解説もトップの高岡選手(カネボウ)に対して
「いいリズムで走ってますね。このまま坂を上っちゃうじゃないですかね……」 

c0070439_20114647.jpg高岡選手好きな諺は「夢見ることは出来ること」いいですね。
そして、今、ゴール……。2時間7分41秒、ダントツの優勝でした。
優勝インタビューの横には伊藤監督もいましたが、
二人とも几帳面に丁寧に応対してますね。

これで、カネボウ勢としては、別大の入船選手に続いての優勝、
おめでとうございます。
それにしても、旭化成の不振が気になりますね。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-13 10:47 | スポーツに一言
2005/2/12 (土)
時間潰しに本屋に立ち寄り、文庫本2冊買いました。
最近というか、もう10年以上、定期的に本を買うことがなくなりました。
買うのはランニング雑誌かパソコン雑誌くらいになりました。

新しい情報を入れなくても暮らすには困らないし、
毎日スポーツクラブ「ルネサンス」に通っていると時間がないのも事実ですね。

いつまでもスポーツばかり出来ないし、読書もしなければ……
と思いますが、そんな義務感で続くはずなし。
読書が楽しくなければ、スポーツと同じで、長続きはしないはずですね。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-12 10:50 | 家族
2005/2/11 (金)
今日は一日中、パソコンいじり。
ホームページを作るために過去のデータを整理し、
画像の貼り付けをしていましたが、
どうしても画像の一部がサーバーに転送できません。

3時間もかかって解決しません。
このやろう!と半分あきらめかけていましたが、
ガイドブックの欄外の小さな囲みアドバイスをみると、
「画像は半角英数字で名前をつけてください」とありました。

転送できない画像ファイルは漢字の名前のままでした。
パソコンて奥が深いですね。
ちょっとしたことで一歩も前に進みません。
まあ、解決してよかった。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-11 10:55 | HP&ブログ
2005/2/10 (木)
今日休んで、四連休にしました。
久しぶりに、久山トリアスにて映画鑑賞、
「北の零年」と「ハウルの動く城」の2本……。

吉永小百合が主演している「北……」は年配者が多いのは、
サユリファンの多いためでしょうか。
共演の渡辺謙は、さすがに存在感がありますね。
妻子を置いて札幌に出かけますが、いつまでたっても戻ってこない……
最後はハッピーエンドと思っていたら、
なかなかそうはならず、明治初頭の時代の厳しさ、
生きる苦しさが全面に出てきた映画でした。
約3時間の長編でしたが、最後まで映画の世界に没頭しちゃいました。

夫婦のうち、どちらかが50歳以上なら、夫婦二人で2000円のサービスがあって、
映画に行く回数も増えました。
いい企画ですね、若い頃、映画に行っていた世代(熟年)にとって、
前売り券を買うほどの熱はないが、
それ以上に安く入れるサービスはうれしいものですね。

50歳代に突入した小生にとって、
初めての高齢者サービスの恩恵を受け、うれしいやら、
現実を見つめさせられ、ちょっと複雑な気持ちですね。
# by hyocori-hyoutan | 2005-02-10 10:57 | movie

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan