人気ブログランキング |

寒さピーク 調子のピークは あと一週間後に……

一週間前の寒波襲来……。福岡国際マラソンの出場者には申し訳ないが、青島太平洋マラソンにはちょうどいい天気になりそうな予感である。もう調整時期だから無理はしない。

【恒例のレース予想】レースが始まればテンションが上がるので、5kmまでは気の向くままに走りだす、少々ペースが速くても気にしない。ただ5km~15kmの区間は意識的に落として自重する。30秒から1分ペースダウンを余裕を持って行える勇気が必要だ。そして20km過ぎに少しペースを上げれたらグッドだ。後半の落ち込みはじっと我慢にガマンを重ね35km過ぎまで持ちこたえる。そうすると、自ずと結果がついてくる。これが今回のレースイメージだ。

ところで、今日も大寒波であったが、ルネサンスに行き室内のトレッドミルで12kmを無理せずに走る。キツイと思ったらペースを落とす。といいながらラスト5kmは25分で走った。トレッドミルの5分/kmは外ランと比べても頑張らないと出ないタイムである。だからリラックスして出たから調子よし。

明日は福岡国際マラソン、寒いけど一日中……応援に飛びまわろう!
福岡国際の予想は、天気がよければ北京オリンピック3位のケベデ選手(エチオピア)だと思うが、この寒さじゃ実力が発揮できるかどうか。といっても日本勢では、松宮祐行選手(コニカミノルタ)、佐藤智之選手(旭化成)に期待だが35kmまで優勝戦線に踏みとどまるのが精一杯かもしれない。ペースメーカーが15分05秒/5kmを刻んでいくというから、それほど序盤から遅れなければ、30%の確率で日本人の優勝……。こんな寒い時は、ロシアとかカナダの招待選手が過去優勝したこともあり、今回も可能性が強いような気もする。
by hyocori-hyoutan | 2008-12-06 23:28 | 日々ランの雑感