人気ブログランキング |

かもめに帰る 原点を見つめて 練習再開

100kmの疲労から抜けれず、爪剥げから痛みとれず、しばしランの休憩の日々を過ごした。でもやっと練習再開にこぎつけた。選んだ場所は「かもめ百年公園」の周回1630mのコースである。家から公園駐車場はマイカーで乗りつけ、早速走り始める。6月の日の暮れるのは遅い。午後7時に走り始めたが、まだまだ陽は高い。日中は暑いがこの時間になると涼しいものだ。ゆっくりと㌔6分を超えるペースで入る。一周目は10分を超えた。

ボクはどうにか完走、オクさんはリタイアであった阿蘇100kmであったが、その疲れも取れて練習再開に「かもめ百年公園」を選んだのは、ボクが再び走り始めたきっかけとなった練習グラウンドだからだ。初心に帰って走りのスタイルを見直そうという気持ちから選んだ。アップダウンではリズムを変えて軽快に、直線ではストライドを少しのばしてスピードアップ。息を抜く場面がないのが周回コースのいいところ。信号もなければ、角からの人や自転車の飛び出しもない。一度作ったペースは維持しなければならない。

2周目からは急にペースアップ。オクさんにペース設定は任せているから、ボクは2歩、3歩後ろで走る。ゆっくり入った分だけペースアップが急である。9分20秒、9分02秒と2,3周目はペースが上がる。でも気持のよいペースアップだ。ボクにとっては㌔5分半くらいが一番気持ちいい。ゆっくりでもない、遅すぎるでもない、呼吸も乱れないペースだ。

出ないと思った汗も徐々に噴き出してくる。定まったペースは疲労困憊する以外は無理しない程度に維持しなければならない。体自体がペース維持を自然に設定してくれる。無理にブレーキをかける必要もない。4周目以降も9分10秒程度のペース維持である。6周を走り終わると8時近くになった。やっと足元や空が暮れて行く。「ラスト2周!」の掛け声が飛ぶ。ここまでくれば楽なもの。8周のノルマまであと2周。そろそろ残りの力を溜めていく。

ラスト1周になった。もう日が暮れてしまった。一部段差のあるところは細心の注意で、慣れているところは大胆にピッチも上げていく。前方に出てペースを上げる。一気に引き離すのではなく、相手がついてくるかどうかを見極めながらのペースアップだ。予想以上にオクさんは頑張ってついてくる。しかも呼吸は乱れていない。ヨッシ、もう一段のスパートだ。暗闇の中から、スタートゴール地点に決めていた大きな岩山が浮かんでくる。到着するとともに腕時計の計時のストップボタンを押す。8分33秒である。よく伸びたラスト一周だった。

ほっと一息ついて目線を落とし歩く。すると、オクさんは、クールダウンで少しペースを落として、さらに周回を重ねる。あっという間に100m前方を走るオクさんを目標に、こっちもクールダウン周回を始める。一生懸命走っていた時は、軽快だったものの、ゆっくり走ると体の疲れを感じる……。ここちよい疲労感だ。復活第一日目の満足の行く練習を終え、上半身裸になって汗をふく。心地よい夜風がべとついた汗をさっと拭き取ってくれた。
by hyocori-hyoutan | 2009-06-17 23:56 | 日々ランの雑感