ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

博多の森 若々しさに 我もその気になる

博多の森陸上競技場に行ってきた。シティマラソンの準備のための説明会が陸上競技場の会議室で開催される。説明会の開始の前にトラックを眺めると、ちょうど県小中学生の記録会が開催されていた。写真は中学生(多分1,2年生か?)3000mの疾走の撮影だ。
c0070439_23483823.jpg
エントリーは20人くらいであるが、元気よく飛び出す。1000mのラップは3分05秒くらいだ。ゆっくりと走っているようだがタイムを聞くと速いもんだ。先頭は3人集団である。まだ中学生だからフォームは未完成だが、スプリントも利いている。ボクなんかと比べ物にならない。やはり若いというのはいいものだ。
c0070439_23485520.jpg
2000mは6分15秒くらいだ。このままでは9分20秒くらいかな。ボクの生涯ベストは9分30秒くらいだっただろう。正式な記録会(3000m)なんかに出たことないので、あくまでも推測だ。ボクは精一杯だったが、今日の中学生はまだまだ余裕がありそうだ。
c0070439_23491944.jpg
最終的には、やはりトップは9分20秒くらいだった。久しぶりに若々しいフォームを見たら、自分もそのようなフォームで走ってみたくなる。絶対に同じフォームは無理だがイメージだけは真似したいものだ。
by hyocori-hyoutan | 2010-10-17 00:02 | 日々ランの雑感

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan