人気ブログランキング |

大阪マラソン 走らず応援 足も棒

第一回の大阪マラソンに行ってきた。申し込みはしたけど、東京に続いてくじ運が悪いというより、妥当なところで落選してしまったので走れない。走るのはくじ運が本当に強いオクさんだ。ネットを通して申し込みをしたのはボクだが、運の強さはオクさんが独り占めだ。
c0070439_23213919.jpg
大阪に住んでいる息子のところに宿泊させてもらったが、レースの前日だけは大阪城に近い肥後橋にあった「スーパーホテル」に宿泊する。
c0070439_2322261.jpg
大阪の地下鉄、四つ橋線から東西線に乗り継いでスタート会場の大阪城に到着する。もちろん前日受付をしていたから、レース当日は荷物を預けるだけだ。でも地下鉄を降りても荷物を預かるトラックまでの道程の遠いこと…。
c0070439_23222850.jpg
c0070439_2323157.jpg
大阪城を見上げながら荷物預かり、スタート地点に急ぐ。約3万人の参加者だから、東京マラソンと同じでランナーと応援者エリアがきちんと分けられている。下の写真は確かDブロックの選手たち、まだスタートまでは30分以上あるから座って待機している。早い時間から整列させられるには、都市型の大規模マラソンならば仕方ないであろう。
c0070439_23233838.jpg
どうせスタートの風景は応援者規制のため写真は撮ることができないと思い、大阪城から沿道に移動をしようと思っていたら、ちょうど招待選手に控え場所に出会った。女子ではシモン選手や谷川真理選手の姿も見えた。男子では往年の日本を代表、あるいは当時の世界を代表する選手であった、中山竹通選手も見つけた。
c0070439_23235723.jpg
c0070439_23243199.jpg
スタート地点から5km地点に移動する。5km地点は地下鉄日本橋駅付近だ。続いて15km付近に移動する。タレントの森脇健児の姿も見えた。
c0070439_23245582.jpg
コースの中でも見どころの御堂筋通りであるが、中央の道路をランナーが走っているが、そのそばには応援者は近づけない。走路と応援者の間には側道があり、その外側からしか応援できない。あまりにも規制が厳しい気がした。トイレの数も少ない。コース途中のトイレには30人ものランナーが並んでいた。
c0070439_23253157.jpg
でも仮装は多い。太陽の塔のランナーもまだまだ元気だった。
c0070439_011423.jpg
フラガールの映画でおなじみの福島県いわき市のキャラバン隊も応援に来てくれていた。
c0070439_0115739.jpg
25km地点では息子たちも応援に来ていた。孫には大きな声で応援しなさいと予想通過時間の5分前から練習の声出しをした。ランナーの方を覗きこむ。
c0070439_0123531.jpg
c0070439_012589.jpg
孫からアミノバイタルのスペシャルドリンクを補給して少し元気になる。でもここまでくれば、あと17kmだ。何とかゴールにたどり着くかな。35km地点通過。雨も少し降りだした。天気のことを書くのは忘れていたが、天気予報は全国的に傘マークだった。雨のひどいレースを予想していたが、くもり空で終始して最後にちょっと雨が降り出す程度だったから本当に恵まれた。
c0070439_014271.jpg
c0070439_015035.jpg
そして、やっとゴールが見えてきた。このゴール地点にもなかなか応援者は近づけない。仕方なく、会場内のテレビでゴール観戦とする。
c0070439_0151769.jpg
c0070439_015417.jpg
足がパンパンだ。腰も曲がらない。走ったより疲労感がある感じだ。これで大阪マラソンも終わった。正直にいえば、東京ほどの熱気は大阪には感じられなかった。イベント仕込みも東京の方が一枚も二枚も上みたいな感じだった。関西圏でもこのあとは、神戸や奈良、京都などの都市型マラソンが続くが、走りやすさや盛り上がり度によって、人気の差も付いてくるだろう。これからの切磋琢磨がマラソン企画者、運営者には要求されるであろう。走るだけでは満足しないランナーが増えているから大変だ。
by hyocori-hyoutan | 2011-11-02 23:20 | ランニング大会奮闘記