人気ブログランキング |

寄り道・道草ラン スピードなくとも かっこよく軽やかに

久しぶりに帰宅ランを行った。5時半に職場を出たが、帰宅時間は7時過ぎでいい。直ルートでは6時20分くらいには家に着くので、より道・道草ランをする。中洲、天神まで西に進んでいく。帰宅途中で歩いている人も多い。まだ中洲は酔っぱらいはいない。ランニングの足取りはマアマアかな。最近のアキレス腱痛は小康状態であるが、若干ふくらはぎの筋のツッパリ感がある。そのため優しく着地する小股走法かな。

体重は落ちたがスピードは全然上がらない。これも年齢のせいとあきらめ気味である。せめて街中を走るときは、スピードがなくても軽快感だけはフォームに表わそうと思って走る。誰が見ているかわからないからね。そうそう、先日のブログでも掲載した小学校同窓会で…

「走っているのを見たよ」
「まだ、走っているの?」
「体型は変わらないね」

そんな会話を複数の同窓生と交わした。世の中は狭い。街中を走るというのは、本当に誰から見られているかわからない。だから、少しでもかっこよく、ランニングは楽しいんだ…と思っていただけるように走る。

天神から北天神に向かう。KBC前から右折して東に道を進める。国際センターの前から千鳥橋と過ぎていく。1㎞毎の距離表示のある道に入る。ラップを計ると6分半である。気持ちは6分であるが、リュックを背負っている分だけ遅いのか…。少し、フォームを変えて強く足裏で着地するようにする。少し力強いフォーム、推進力のあるフォームを意識する。6分5秒までスピードが上がった。

若いときはアキレスの痛みもなかったから、ゆっくりジョグでも力強くキックして軽く5分~5分半であった。しかし慢性の痛みを感じる今は、デリケートな着地を無意識のうちにしている気がする。そのためにピッチは上がらない…そんなことを走りながら考える。

香椎浜団地入口まで着いた。ここで家に向かっても7時前に着く。更に、御島崎方面に足を延ばし距離を稼ぐ。大きくイオン香椎浜ショッピングセンターを周回する。我が家には7時10分着。信号待ち時間(約10分かな)を含んで約13㎞を1時間40分で走破。これでビールも美味い。
by hyocori-hyoutan | 2012-09-24 22:23 | 日々ランの雑感