ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

回転寿司屋 匂う酢飯も 振り切ってのラン

昔からランニングする時は必ずストップウォッチを使う。そして、調子がいい時でも悪い時でもタイムを測ることによって、仕上がり状況がわかる。あわせて時間予測が不思議なほど当たる。体内時計がとても正確である。でも、加齢とともにキロ6分のつもりが7分であったりするとやる気が失せる場合も増えてきた。

そんなわけで、ここ4,5日は腕時計をしてもタイム計測はしないで走ることにした。もちろん、その分はペースは落ちるが、精神的には楽だ。大きな交差点も信号機が点滅し始めたら、信号機の手前から歩き出す。無理して黄色信号突破はしない。

腕振りを意識的に、足の着地は力強く、体幹部を使いぶれないバランスのいい走りを心がける。それでも、ボクの横を若いランナーが通り過ぎて行く。気持ちを切り替えて後を追う。5m間隔で100mほどついていく。でもそこまで。先は長いので、元のゆっくりペースに戻すとあっというまに若いランナーは離れて見えなくなる。

回転寿司のお店の前を通り過ぎる。寿司のおいしそうな酢飯の匂いが鼻から体に入ってくる。炭水化物カット食事療法を継続しているからこそ、好きな寿司の匂いはたまらない。あと10分で我が家にたどり着くこと楽しみに走り続けるのみである。

そして我が家に到着…。二人目の子の出産のために里帰りしている娘とその長女(2歳3か月)がマンションの玄関までお出迎えである。今晩のランは13㎞を達成した。ゆっくりランであったが、十分満足…。今晩の夕食も大好きな寿司は控えて炭水化物カット食事は継続だ。ビールと焼酎も継続だ。
by hyocori-hyoutan | 2012-10-03 21:39 | 日々ランの雑感

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan