ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

走る走る タイムは二の次 目指すは健康!

10月も今日で最終日、トータルで400kmに迫る距離まで伸ばせた。何たって、夕方ランで距離を伸ばせたことが大きな要因であろう。もちろん、その走り込みを耐えた脚力も褒めなければならない。昔から10月はTシャツ&ランパンで走り始め、10月末は、ウィンドブレーカーを着込まなければ程寒くなる。今日も長袖シャツにウィンドブレーカーだ。本当にこの1ヶ月の間に気温の変動が大きい。でも、せっかく走るなら汗を流した方が効果的だからね。日中はまだ半袖ポロシャツで過ごしているのに、走りだけは真冬の装いになるのも不思議だが理に適っている。

走りのフォームは相変わらず気にしている。最近は、後ろ足の蹴りあがりを意識して走っているのだが、なかなか蹴りが弱い。そこで分かったことがひとつ。すり足走法で蹴りだけが上に上がらない、これ当たり前にこと。蹴り足をお尻につくまで上げたいのであれば、蹴った直後の膝が上がらなければいけない。よく言う「もも上げ走法」だ。人間の体は左右、前後でバランスを取っている。静止でもそうなら動きの場面ならなお更である。

前に大きな動きをすれば、後ろも大きな動き。右も左も同程度動き。だから、蹴り足を高く上げたいのであれば、前の動きである膝を高く上げた動きにしなきゃいけない。そんんwことを推考しながら走っていたら、夕方ランで15km走った。これも嬉しいこと。今年度は上半期までは年間走行距離の落ち込みを仕方ないと思っていたが、10月の頑張りで例年並みの距離は稼げそう。

レースに出なくても走る距離は落ちない。これは熟年いや高齢ランナーの「元気さ維持」への飽くなき願望であろう。
by hyocori-hyoutan | 2012-10-31 21:53 | 日々ランの雑感

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan