朝ラン13㎞ 自然の中で 颯爽と

やっとかな、もうかな…?
新しい職場に勤め始めて1週間が経過して2週間目に突入した。正直、やっと慣れてきた感じだ。ともかく自然環境は抜群だし、職員の士気も高い。顧客の相手も小中学生が中心だ。とてもさわやかな気分になる。だから、ちょっと慣れた今日(月曜日)は初めて走って職場まで頑張った。約1時間25分で到着した。

途中の雁ノ巣レクセンターで5.5km、残りが7kmくらい。完全に隔離された歩道がメーンのコースだ。障害物や信号もほとんどないから、無の境地にもなる。いわゆるランニングハイだ。自転車だとサイクリングハイというのかな。周りは自然ばかり、ビルの影はない。影は樹木の影のみ。時折吹く風は、木々の匂いを感じさせてくれる。本当に感謝しなければいけない感じだ。そう思って走っていたら、長い距離の朝ランであったが、距離への重圧も吹っ飛んでしまった。

午後は、職場から公園を横断して管理センターまでウォークだ。約40分かけて会議会場まで到着する。公園内は、ゴールデンウィークのフラワーピクニックに向けて準備が進んでいる。チューリップやポピーなどなどが咲き乱れている。平日なのにお客さんは多い。歩きながら考えることは、こんな素晴らしい土地が公園として残ってきたのは奇跡に近い。戦後長く米軍基地として使っていたのが、結果として市民の大きな財産になった気がする。

これから何年働けるかわからないが、この場所もボクの思い出の1ページになるのは間違いない。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hyocori-hyoutan | 2013-04-08 23:47 | 海の中道海浜公園の思い出 | Comments(0)