久住から中岳 いうものコース 年一回ならば定番コース

【牧ノ戸~久住山:2時間】
10時25分出発。最初の沓掛山までの上りはキツイ。途中で小休憩をして、厚手のニットを脱いで、ランニング用の超薄手のロングTシャツ一枚になる。(結局下山するまで、この薄着で通してしまった)
沓掛山山頂まで約30分、山々の間に久住山の山頂だけがちょっと見える。見えるということは天気に恵まれているということ。ここまでくれば、あとは爽やかな平坦の多いルートを歩くだけ。登山道の左側に星生山を見ながら歩く。避難小屋、久住別れ経由で久住山頂に12時25分到着。約2時間かかった。穏やかな日だから、山頂で腰を下ろし、20分ほど休憩する。
c0070439_22442488.jpg
 【久住山~御池~中岳:50分】
12時45分出発。いつも思うのは久住山の下りの砂利道は滑って大変だ。上るより下りが大変、大変。御池を半周ほどする。池の周りの瓦礫や大石を上って下る。真冬の時期は、この池も凍結をするが、今は登山客に安らぎを与える空間になっている。さあ、あとは中岳への急坂を上るだけだ。中岳山頂13時35分に到着。
c0070439_22423744.jpg
c0070439_22443645.jpg

ここで昼食とする。前日のスーパーで購入したゼリーや飲み物が美味い。いつもは炭水化物カットしているが、今日はおにぎり一個だけ食べる。約40分の昼食タイムだ。こんなにゆっくりできるなんてお天気さまさまだ。
c0070439_22425610.jpg

【中岳~天狗ヶ城~牧ノ戸:2時間】
13時25分出発。天狗ヶ城まで約30分で到着。ここで、昨晩のペンションで同宿の女性2人組とばったり出会う。これから、久住別れから法華院温泉に向かうとのこと。今回の山行で気付いたのは山ガールの増えたこと。それも服装ばっちり、リュックなどの装具も本格派である。天狗ヶ城山頂付近から見下ろした御池が上の写真…。とても綺麗に撮れて満足だ。今回の山行は軽量のコンデジしか持ってこなかった。どうせ映ればいいだけという気持ちだ。また、振り返ると歩いてきた中岳がばっちり見える。これが下の写真だ。
c0070439_2243427.jpg
着いた、着いた天狗ヶ城山頂!2,3分の休憩だけで牧ノ戸を目指す。久住別れまでは山の中腹を進む。何か近道みたいで得な感じがする。
c0070439_2243201.jpg
c0070439_22432771.jpg
山頂の標識の向こうに見えるのは三股山…。遠くには由布岳も見渡すことができる。これだけ天気がいいと気持ちがよい。ルンルン気分で帰路も足は軽やか。途中、避難小屋でトイレ休憩10分くらいだけ。あとはノンストップで歩き続ける。15時35分に牧ノ戸到着した。
c0070439_22444585.jpg
靴だけ履きかえて車を運転。今晩の宿、筋湯温泉の旅館に向かう。GW期間中にもかかわらず、どうにか空室があった老舗、古い旅館である。ちょっと心配であるが、温泉はいいだろう…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hyocori-hyoutan | 2013-05-04 23:57 | 山歩き | Comments(0)