平均122脈拍 これって楽ペース 1時間ラン

月曜日はルネは休み。仕事を終えて16時過ぎから家の周りを11km走る。心拍数を計りながらのランである。すぐに100を超えるが、そのあとは徐々にしか心拍数は上がらない。それでも走って10分経過すると120近くまで上がる。120まで上がるとキロ6分を切るスピードかな。

5km過ぎには、かもめ大橋の登り坂になる。ここで脈拍を上げようと坂道なのに腕を振って、ペースを上げて一生懸命走る。最高脈拍142を達成した。一度脈拍を上げると@130付近で一定してくる。呼吸は楽でありランニングハイ状態。

貝塚ジャンクション下に到着。48分くらいで通過。あとは新記録を目指して、ペースを少し上げる。つま先から足全体で着地、そして蹴り上げるフォーム、腕もリズミカルに振っていく。デオデオ角のゴールまであと少し…1時間1分15秒。結構いいタイム。これもフォームを変えた成果であろう。

その間の最大脈拍数は142(84%)、平均脈拍は122(72%)だった。85%以上が強度の運動負荷、70-85が中度の運動との定義である。だから全体としては余裕のあるランニングペースであった。汗の出方もやっと夏本番という感じだ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hyocori-hyoutan | 2013-07-01 22:51 | 日々ランの雑感 | Comments(0)