ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

熱き戦い 女子駅伝 接戦を勝ち抜け

宗像市、福津市で繰り広げられた西日本女子駅伝の応援に行ってきた。車は宮地嶽神社に駐車して徒歩でコース沿道に移動する。応援ポイントは第3区10㎞の中間点付近、前半の重要区間である。有名選手も多く出走している。トップに来たのは九電工の加藤岬選手、2区のチェピエゴ選手の力走でトップ堅持である。
c0070439_20534355.jpg
でも、その後ろ20mには、ダイハツ岡小百合選手が引っ張る4人の集団が追い上げてくる。
c0070439_2053534.jpg
その後ろ100mには、天満屋の重友選手、ご存じの野口選手(シスメックス)の2選手が競ってやってくる。その後方にはワコールの福士選手もやってくる。ちょっと、福士選手は苦しそう。
c0070439_2054498.jpg
そこから急いで同区間の9.5㎞地点に移動する。3区はぐるっと周回するので2回応援できる。
c0070439_20541666.jpg
トップは入れ替わっていた。ダイハツの岡選手が単独トップに躍り出る。
c0070439_20542911.jpg
続いて来たのは大塚製薬の伊東舞選手、独特の横への腕振りで遠くからでも姿がわかる。
c0070439_20544269.jpg
そのあとは2人ほどの選手が走り去り、次に来たのは天満屋とシスメックスの重友、野口のデッドヒート、少し差が開いている。
c0070439_20545211.jpg
それから30秒ほど遅れて福士選手、明らかに体調不十分、世界選手権のあとの練習が十分でないか…。
c0070439_2055278.jpg
応援のあとは久しぶりに宮地嶽神社にお参りに、ちょうど七五三の時期と重なる。多くの親子、晴れ姿の子供たちで賑わっていた。
c0070439_20551496.jpg
これでやる気が出てきた。夕方には走ろうかな。走るイメージがあるうちに頑張ろう!
by hyocori-hyoutan | 2013-10-29 21:06 | スポーツに一言

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan