朝日新聞 追い詰められて 反省もどき自己弁護(2)

朝日新聞の32年前の記事取り消しから一週間が経過した。少しづつ社会の動きも読み取れる。朝日新聞は、本当に申し訳ないなら、一面での謝罪文掲載と責任をとる幹部の処分がなされるべきとの意見が、「そこまで言って委員会」の加藤コメンテーターから出された。まさにその通りだと思う。加藤さんは朝日新聞社長と懇意にしているから、そのことを伝えたが、慰安婦問題は歴史的事実だからできないと述べたらしい。

抽象的だな、過去の出来事は全て歴史的事実だが、時代の経過とともに歴史的事実は残るが歴史的真実は刻々と変わるもの。朝日が掲載した慰安婦記事は歴史的事実(記事にしたという)かもしれないが、今回の取り消し記事で新しい歴史的真実(国家的強制連行はなかった)が生まれたのだから、やはり真実と思って報道したけど真実じゃなかったと謝罪すべきだと思う。

ただ、朝日新聞の今後のことを考えると、謝罪と幹部処分をしたら、もう朝日新聞の報道機関、新聞としてのランク付けは大幅に落ちるであろう。朝日の固定読者も離反が続くだろう。今の時代は朝日・毎日VS讀賣・産経の考え方の違い、国の在り方の違いが鮮明になってきた。購読部数でもほぼ拮抗している。ただし、東京新聞や西日本新聞のブロック紙、沖縄タイムズなどの各県ごとのローカル紙の朝日寄りなのがどうしようもない状態であるかな。まあ、その本家、朝日が非難されていることは今後も続いて欲しい。

言い訳でみっともないのはいくつもあるが、「勤労挺身隊と慰安婦を混同して記者が誤用しました」とあった。初歩的な調査もせずに記事にしたのか。一歩ゆずって当時の朝鮮内の一般社会が間違って使っていたとしても、記者は日本人でしょう。戦時中の学徒動員、女子挺身隊の工場などへの動員は一般常識として知っておくべきであり、これが慰安婦ならば、日本を揺るがす大きな問題と思うならば、その報道は慎重になるのが日本人ではないか。これじゃ日本を最初から貶めるための売国奴と言われてもしかたない。

その女子挺身隊の動員数が「8万~20万人」にも及ぶと記事に書いている。その多い方の20万人が独り歩きしてアメリカなどの慰安婦像の石碑に刻まれている。冷静に考えましょう。当時の北朝鮮を含む朝鮮半島の人口は約2500万人、その半分が女性ならば1250万人、18歳から30歳くらいに女性に限定すれば300万人くらいかな。じゃ、慰安婦20万人と仮定すれば、朝鮮半島の朝鮮人18歳から30歳までとして15人に1人はトラックに強制的に連れられて慰安婦にさせられた。そんな割合ならば暴動が起きるじゃないの。でも終戦直後は何も起こらなかった。

また、戦時中の朝鮮半島の日本軍人は30万人、満州70万人あわせて100万人だ。この数を考えても異常なほど慰安婦は多い。商売ができるはずがない。こんな初歩的なことを考えれば、慰安婦と挺身隊を間違えるはずがない。間違えたのではなく意識的に書いたねつ造以外の何物でもないと思う。

これに関連して思うことは、中国、韓国という国は数字は、事を大きく見せるための形容詞的な使い方をしている。1万人よりは10万人の方が大きく扱われるし、相手を責めるには好都合だ。そのレベルだ。比較的日本では、数字の取り扱いは厳格だし間違いは許されない。鉄道列車の正確さを見れば国民性の違いがわかる。

「敵を知るには己の物差しではなく、敵の懐に入って、その考え方を熟知しないと大やけどを食らう」そんな諺があったかな。
Commented by みっちゃん at 2014-08-15 21:53 x
お久しぶりですm(_ _)m

団塊ジュニア世代ですが、自国の自虐観念はさらさらないですね。大人になって情報が豊かになり、客観的に見れるのも一因かもしれません。南がごちゃごちゃうるさいですが、日本はやるべきことをやるだけだと思います。しかし南はいただけません。前大統領末期のころからの言動は日本国民への冒涜のオンパレードです。さて、集団的自衛権の解釈で世の中騒然としていますが、私は賛成です。安部さんは恐らく中国の脅威に対して先手を打ったと思います。米ソの冷戦構造そのままですが、これがないとやられるがままで、後手後手で悲惨な状況になったかもしれません。長崎の原爆式典で見解の違いと言ったのも、国をまもるためにやっているんだという表れでしょう。国を守るという目的は同じであると言いたかったのだと思います。懸念は現在の本来の目的である自衛、牽制を飛び越えて未来におかしな状態にならないかです。来年戦後70年の節目になります。語り部も少なくなることから、戦争の悲惨さはしっかり後世へつなげる必要があり、それは我々の世代もしっかりと理解し、次世代につなげる責務があると思います。
Commented by みっちゃん at 2014-08-15 21:54 x
入りませんでしたので続き失礼します(^_^;)


私は現在の豊かで平和な日本は先人たちの礎の上にあると常々思っています。日本軍による蛮行はゼロとは思いません。が、あの戦争で東南アジア諸国が独立し、いまだに日本に対し感謝されているのも事実です。売国奴の社、党はこの時代駆逐されるでしょう。理想的には武力を用いず、世界平和を先導していく国家になることを期待しています。終戦記念日の今日、日本の繁栄を願いながら命を落とされた、苦難の時代を生きた方々のためにも、道徳心をもって日々世のために貢献していこうとあらためて決意しました。長文失礼しました。デリケートな話題ですが、はっきりとご意見を記されることに尊敬いたします。
Commented by hyocori-hyoutan at 2014-08-16 23:35
日本の国の平和を守ることは、国民ならびに政権党にとっても共通の大きな目標です。平和を守るためには、戦争をしないこと、もう一つは日本を侵略されないことです。そのために外交努力をするだけで済む問題でしょうか。そこがキーワードであり、さmざまな見解が生まれるところです。
ただ、「軍国主義に進む、徴兵制に進む」に進む党いう議論は戦後70年の日本の歩みを全く考慮していない勉強不足の議論だと思います。日本から何らかの理由をつけて戦争の行動をおこす。それほどバカな国民はいないと思います。戦後の繁栄を築いたのも自民党であることも事実、今も安倍自民党政権であり、本質的には変わらない。ただ、自民党OBが過去の自分たちの行動を反省もせず、安倍さんを責める図式は、過去の自民党には興ざめです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hyocori-hyoutan | 2014-08-12 23:10 | 日本を考える | Comments(3)