ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

単調なランを 仲間に支えられて 2時間完走!

c0070439_2222127.jpg2時間走大会も無事に終了した。なかなかの盛り上がりであった。
スタートの午後1時05分は、風も穏やかであったが途中から風が強くなったが、まあまあのコンデションだったでしょう。参加者は17名で思ったより多くの参加であった。全体の結果は後日まとめるとして、とりあえず、自分の反省記を記載しよう!
(1周約1630m)


8'05" 7'53" 7'52" (給水30秒)
8'02" 8'05" 8'07" (給水20秒)
8'13" 8'10" 8'30" (給水20秒)
8'50" 8'51" 8'53" (給水20秒)
8'28" 8'38"    計14周と300mで、23.1kmの走破!

スタートは、Kirishima、Takeuchi、Yamada氏に引っ張られるように飛び出す。一周8分程度のスピードは好調な出足、しかし、それを上回る上記3人の出足はすごい!多分7'30"くらいの飛び出しであろう。後方は、離れてしまい、最初から一人ランの状態になってしまう。

6周までは、ペースを維持できた感じであった。でも、水飲み休憩後の7周目から少しペースが落ちた感じがした。そして更に、苦しかったのは10周目からかな……。足も上がらず、一周につき2度ある上り坂でのペースダウンが顕著になる。c0070439_2232882.jpg
相変わらずの一人旅……。前を行くTさんはだんだん離れ、周回ですれ違うたびに引き離されていく……このままじゃ、周回遅れになることを覚悟する。後方は、周回すれ違いチェックで、我が家の相棒を探すが、見つからない。ということは、すれ違わない後方300m~400m差でついて来ているのかな……と思う。

2時間走も、正念場はやはり1時間越えてからである。13周で、ほぼハーフマラソンの距離であるから、ハーフは、約1時間50分で通過した事になる。まあ上出来でしょう。この難コースですから、急坂が13回もあるコースなんか稀でしょうからね……。
そしてゴール、感心したのは、17人のうち誰もスタート地点で数分早めのゴールとせず、2時間目一杯走り通したこと、皆さん走ることへのひたむきさを感じましたね。
c0070439_224287.jpg
終了後は、その場ですぐに打ち上げ、これがいいですね、遅い人も早い人も一緒の時間にゴール、だからすぐに飲める。飲み会も盛り上がり、いつものように酔っ払ってしまいました。走り通したことの満足感ばかりで、反省しないことはいつもの通り、このままでは、サブ4の確率は4:6で厳しいかな……。
by hyocori-hyoutan | 2005-11-23 23:06 | 2時間走・大脱走

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan