あと一週間 目標があるから 大切にしたい!

エアロビクスの後は、12kmランの開始、夜7時30分の出発なのに、まだ空には明るさが残っている。風もなく絶好の天気である、暑さも6月中旬にしては涼しい感じである。走るには絶好でも、夏を迎える気持ちが高まっているのに、この涼しさでは気合が抜ける。

今日のメンバーは4人である。最近はウルトラに向けて、全くスピード練習(言うほど事はないが……)はしてないが、今日はIMさんにつられて徐々にペースアップする。一種のビルドアップ走である。すると、汗は夏並みに噴出してくる。前半、後半ともに雁の巣折り返しで32分ペースであり上出来であったかな。

ルネに戻り、ジムトレ室でストレッチしていると、妙に一週間後の事が頭をよぎる。

「そうか、一週間後はサロマへの荷造りの最中なのか」と思う。本当に迫ってきたな。よく考えれば、100kmを走るのが楽しみであることはおかしいものだ。「罰で100km走れ!」と言えば、過酷な仕打ちであるが、自らが100kmにチャレンジするのであれば、究極の喜びに転化するのだからね。

インターネットで調べると、今日のサロマの気温は23度ー8度の曇りであったが、一週間後は17度ー10度の曇りの予想である。天候もコース高低差も全て自然のなせる業、あとは非力な自分が100kmの距離の中で、どのようにして自己表現できるのか、与えられた能力を発揮できるかどうか……。それが難しいし、面白いもの!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hyocori-hyoutan | 2006-06-15 23:58 | 日々ランの雑感 | Comments(0)