ひょっこりひょうたんの日誌

hyocori.exblog.jp
ブログトップ

自転車 パンクすれば ただの厄介もの!  

今週は、タイヤ修理のため自転車屋さんに何回も出かけた。原因がパンクなのかムシなのか不明である。24時間かけてゆっくりと空気が抜けるから厄介である。

月曜日の朝、博多駅前の路上有料駐輪場に自転車をロックして、徒歩3分の職場に出かけた。そして、午後5時半過ぎに帰宅バイクのため、駐輪場に行き我が自転車を引き出すと、空気が抜けている!ショック以外の何ものでもない。仕方なくバスで帰宅する。そしてルネサンスで一通りにスポーツを楽しんだ夜10時過ぎに、再びマイワゴン車に乗って、駐輪場に向かいパンクした自転車を載せて帰宅する。サッカーの日本ー豪州戦も車中のラジオ観戦であった。

いたずらかなと思ったが、一応、火曜日の夜に自転車店に行き修理をしてもらう。チューブについている「ムシ」からの空気漏れということであった。しかし、同じように事が続く。朝、自転車に乗っていって、夕方、空気抜けが続くと、本当に嫌になる。

このマイ自転車、マウンテンバイクも乗り出して4年半、走行距離は多分、毎日の片道8kmくらいの通勤に使っているから、18000kmは走っている事のなる。

買い換えてもいい頃と思う気持ちと、愛着があるため、まだまだ乗るぞ!と言う気持ちが交錯する。明日は土曜日の休みの日、もう一度、自転車に行って根本的な修理をしてもらおう!新車を買うと4~5万円だもの。
 ……物は大切に!……
by hyocori-hyoutan | 2006-06-16 23:48

マラソン雑学は一流、記録は二流、そしてランニングフォームは自己流の三流、しかし、マラソンと人生を結びつける哲学は特級です。飲む時は年を忘れて、酒なら何でも来い!飲んだ分だけ走らゃいいと思っています。


by hyocori-hyoutan