人気ブログランキング |

紅葉登山 カメラの紛失 魔の10分

紅葉登山のおまけである。帰路の「すがもり越え」から「長者原」に下山途中に、デジカメを落とした。ウエストポーチのベルトにカメラバックを通していれば良かったのに、ずさんにもベルトに通さずにフックに引っ掛けるだけにしていた。落ちてもすぐに気がつくと思っていたが、ウエストポーチがクルリと回って背中の方に移動したから、弾みでフックが外れて落ちてしまった。

狭いガレキ道から硫黄山林道に出て、ほっとしたところで気がついた。既に「すがもり越え」から50分も下山したところだ。その時のショックは筆舌にしがたい。どこで落としたか分からない。「すがもり越え」まで戻っても、幅広いガレキ道が多かったから、正確な下山コースを後戻りすることは不可能に近い。もう諦めた……という気持ちが8割になった。

しかし、やはり諦めきれない。50分後戻りして探してみよう。見つからなければ諦めがつく。そんな気持ちで、また山を戻り始める。戻り始めて10分が経過した。まだガレキ道には入ってなく、狭い赤土混じりに細道の中を気が沈みがちに心の整理も出来ずに歩いていた。すると目の前に、見慣れた青いカメラバッグが赤土の上に転がっていた。もちろん、カメラバックの中には、デジカメが入っている。

「あった!」
大声で後方を歩いていたオクさんに声を掛ける。
「見つかったよ!良かった。こんなに早く見つかるとは思わなかったよ。ついている。」
沈んだ気持ちが、すぐにテンションが高揚する。

これで、家に戻っても。紅葉登山記が書ける。金欠病の中でデジカメを新規購入しなくていい。見つかった瞬間にいろんな事が頭の中を駆け巡る。

自分のいい加減な管理能力を責めるとともに、自分の品行方正が味方したと勝手に思い込む。事前の万全の注意は、事後の心底からの後悔に勝る……とは真実である。
by hyocori-hyoutan | 2007-10-31 23:10 | 山歩き