人気ブログランキング |

今日は叔父の17回忌、祖母の50回忌の法事に出席するため、本家のある直方に出かけた。三部経の読経が約1時間あった。その後、和尚さんの訓話をお聞きすることが出来た。

人間はひとりで生まれ、ひとりで死んでいく。
そして、ひとりで来てひとりで去っていく。
代わることはあることがない。

「ひとり」は一人、二人ではなく、仏教のことばの「独り」を充てる。
数えることのできる「ひとり」ではなく「己自身の自分」を指す。(オンリーワンかな?)

そして「あることがない」も仏教の言葉である。
八百屋さんで大根を買おうとして売り切れていたら、単に「ない」である。
そして、魚屋さんで大根を買おうとしたら、魚屋さんは「あることがない」と言う。
つまり、魚屋さんでは、大根は売り切れでなく昔から売ってないのだから「あることがない」と言う。

独りで生まれ、独りで死んでいく。独りで来て去っていく。
独り(オンリーワン)だから、誰とも代わること決してできないもの。


そして、話の最後には……

そのように人間、独り独りは代わることができないもの、大切なものである。このことは親子の間でも同じである。「頑張りなさい」や「期待している」は、親の考えの押し付けもあり、期待を裏切った時の落胆もある。親子の間でも「応援をしているよ」程度でいいのでは……。

独りの生き方は独りのものだから……


いい話を聞いた。聞いた以上は実践しなければ……。
by hyocori-hyoutan | 2007-06-30 22:13 | ああ無常

先日、仕事の研修でソラリアスポーツに出かけた。民間のフィットネスクラブの視察である。5年前に招待券をもらって仲間4,5人と一緒に来た時以来のソラリアスポーツ訪問である。ジムトレーニング室は少し狭いものの器機は充実していた。5年前と比べると最新型のトレッドミルも揃っていた。フィットネス機器も常に新しいのを求めるのはお客さん、それに応える為のもスポーツクラブの役目……出費が増えても仕方ない。

つい、自分が会員になっているルネサンススポーツと比べてみたくなる。プログラム内容はソラリアスポーツの方が充実している。朝から晩までエアロ、ヨガ、ボディパンプ的なものがぎっしりである。反面、ルネサンスは昼過ぎのプログラムがあまりないかな。でも、昼間に自分はあまり行かないし、朝から晩までスポーツクラブで過ごすことは無いのだから気にすることはない。

スポーツクラブの施設内容より、自分自身の目標を定めたやる気、目的、それを支えてくれるスタッフや仲間がいれば楽しいもの。他の施設と比べるというのは、自分のスポーツクラブの見劣りする事を探すことになる。そんな事をしても何も得にはならない。

今、日本ではスポーツクラブに行っている人は人口の3%、スポーツクラブの先進国のアメリカは13%。日本でもアメリカ並みの普及率になる成長を見込んでいるらしい。特に新しい簡易型のジムトレだけの女性専用のクラブがすごい勢いで増えているという。そして、人口当たりのスポーツジムの数の多さでは、福岡県は全国一番の激戦区らしい。ボク自身の考えだけれども、これから伸びるのは間違いない。スポーツクラブのある生活を始めたら、もうスポーツクラブのない生活は考えられない。

仕事のことに戻るが、これだけ民間のスポーツクラブが興隆して競い合う中で、公立体育館の役割を考えていかなければならないのは辛い。個人個人のスポーツ欲求にスピーディに応える民間施設、低料金でスポーツの機会を提供する公立施設……その中味の構築は難しいですね。
by hyocori-hyoutan | 2007-06-30 20:58 | エアロビクス