人気ブログランキング |

2008年 05月 21日 ( 1 )

意志があれば足も軽い

ランニングを日々続けていくには、強い意志が必要だ。その意志を補強するのは、ランニング日誌だ。このブログ、ホームページも開設して3年4ヶ月になるが、特にWEB練習日誌は絶えることなく今日まで続いている。頭の中だけでは考えもまとまらず、安易な方向に流されがちであるが、ランニングの日々を書き留めることによって、自分で自分を激励することができる。

日々のランニングを書き留めるという小さな努力が、ランニングを生涯の友にするという大きな財産を生み出していく。ボクのランニング日記は30歳頃から始まり40歳過ぎで中断したが、中断はランニングから遠ざかる道を選んだ。そして、再び走り始めた生活を支えているのも、やはりランニング日記だ。
c0070439_0105321.jpg
(写真は20年前のランナーズ付録のランニングDIARYから)
日々の記録を残していると、ランニングを続けるという強い意志が生まれてくる。そして、日誌を書くことで、目先の小さな目標から、5年度、10年後の大きな目標を持てる。目標を持って走れば、自ずと足は軽くなる。もちろん年とともにタイムは落ちても足は軽くなるはずだ。

そして、記録を残し過去を残すことは、近未来に必ず訪れる老齢化に伴う精神的な落ち込みからも救ってくれる気もする。記録さえ残していれば、若かりし頃の全てを失うことはないのだから。逆に日記等の記録がなければ、頑張った証しが無いようなもの……虚脱感に支配されるかもしれない。
by hyocori-hyoutan | 2008-05-21 23:55 | マラソン名言