人気ブログランキング |

月曜日にブログ投稿して今日は金曜日になってしまった。慌しい一週間だった。職場の引越しや来年度の予算作成等の業務が一気に膨らんだ。といっても忘年会以外は毎日、ルネサンスに行ったのだから大したことはなかったか……。

そして、明日は宮崎青島にお出かけである。一年のランニングの集大成みたいな感じ。もちろん阿蘇100kmとか、いろんな大会もあるが12月にあるから一年の総決算みたいな気がする。その気構えがあるから、記録も年間最高タイムを出している。今年は、その期待も一段と大きい気がする。順調にいけば好タイム(3時間〇〇分突破!)も期待できる。どんなに前半ペースが良くても後半30km過ぎの頑張りがなければ好タイムは出ないので、最終ゴールの計算は出来るだけしないで「無」の境地で走ろう!

大会当日は降雨確率50%の不安な天気であるが、雨のことを気にしても雨は上がらない。雨を味方につけて頑張るしかない。では、またブログで報告をしま~す。
by hyocori-hyoutan | 2008-12-13 00:27 | ランニング大会奮闘記

朝9時半に家を出る。日曜日の寒い朝……車も少なく大濠公園までは30分足らずで到着する。福岡市立美術館駐車場に車をとめてすぐに大濠公園を走り出す。家を出る時からランニングスタイルだったから着替えの必要なし。気持ちのいい朝だ。まだスタート2時間前だからレース前の慌しさはない。嵐の前の静けさという感じである。

履いた靴は「ターサージャパン」である。一週間後の「青島」で使うシューズであり足慣らし(靴慣らし?)の意味合いもある。軽~く走れて調子よい。一周11分で入って10分そこそこまでペースは上がる。速さではなく気持ちの良さを大切に走る。寒いと思ったが5周走ってみると汗びっしょりになる。走り終わり着替えると11時40分になっていた。スタートまであと30分……大濠公園のBグループに出場する選手は、荷物をトラックに預ける。着替えも芝生の上みたい。そして慌しく平和台陸上競技場に移動する。スタートにはどうにか間に合う。第3コーナー付近の芝生観客席で応援だ。3周と3/4周して博多の街に出て行く。
c0070439_04249.jpg
次の応援場所は17km地点の護国神社前に移動する。歩いて5分ほどだ。実は、このブログを書きながら録画しているマラソン放送を見ている。映っていたぞ!沿道で応援している姿がテレビに映った。一瞬であったが全国放送に映った。白髪まじりのわが顔を見て年齢相応と妙に納得する。

次の応援ポイントは41kmの浜の町公園付近に車で移動だ。ここでは、選手もバラバラになっているし、疲労の極致だから応援にも力が入る。〇〇アスリートクラブの真内コーチ、トヨタ九州RCの選手を応援する。とびうめクラブのこじこじさんにも大声で応援だ。しかし、職場の知り合い3人は17km地点では確認出来たが、41km地点では確認できなかったのは残念だ。
c0070439_0234983.jpg
41km地点で応援していてつくづく思う。これだけのランナーでも40km以上走ると、かなりのダメージだ。マラソンはやはりオーバーペースは怖い。序盤の勢いの任せて走るのは危険だ。よい教訓にしよう。

それにしてもラスト10kmで優勝したケベデ選手(エチオピア)に3分も負けたしまった日本の選手の世界との差は大きい。好コンデションだったし、やはり2時間7分台は出して欲しかった。9分台は、前半いいペースだっただけに残念な気がした。
c0070439_0392794.jpg
そして、関門閉鎖になってしまった。収容バスの選手にもご苦労さんの気持ちを込める。なかなか今回の応援ポイントは面白かった。さあ、今から遅めの昼食にしよう。気がつけば応援に一生懸命で、お腹の空いたこと、走って喉が渇いたことを忘れていた。
by hyocori-hyoutan | 2008-12-07 23:33 | スポーツに一言

一週間前の寒波襲来……。福岡国際マラソンの出場者には申し訳ないが、青島太平洋マラソンにはちょうどいい天気になりそうな予感である。もう調整時期だから無理はしない。

【恒例のレース予想】レースが始まればテンションが上がるので、5kmまでは気の向くままに走りだす、少々ペースが速くても気にしない。ただ5km~15kmの区間は意識的に落として自重する。30秒から1分ペースダウンを余裕を持って行える勇気が必要だ。そして20km過ぎに少しペースを上げれたらグッドだ。後半の落ち込みはじっと我慢にガマンを重ね35km過ぎまで持ちこたえる。そうすると、自ずと結果がついてくる。これが今回のレースイメージだ。

ところで、今日も大寒波であったが、ルネサンスに行き室内のトレッドミルで12kmを無理せずに走る。キツイと思ったらペースを落とす。といいながらラスト5kmは25分で走った。トレッドミルの5分/kmは外ランと比べても頑張らないと出ないタイムである。だからリラックスして出たから調子よし。

明日は福岡国際マラソン、寒いけど一日中……応援に飛びまわろう!
福岡国際の予想は、天気がよければ北京オリンピック3位のケベデ選手(エチオピア)だと思うが、この寒さじゃ実力が発揮できるかどうか。といっても日本勢では、松宮祐行選手(コニカミノルタ)、佐藤智之選手(旭化成)に期待だが35kmまで優勝戦線に踏みとどまるのが精一杯かもしれない。ペースメーカーが15分05秒/5kmを刻んでいくというから、それほど序盤から遅れなければ、30%の確率で日本人の優勝……。こんな寒い時は、ロシアとかカナダの招待選手が過去優勝したこともあり、今回も可能性が強いような気もする。
by hyocori-hyoutan | 2008-12-06 23:28 | 日々ランの雑感

毎日くたびれて仕事から帰り、更にルネサンスに行って疲労困憊になって帰宅する。そんな時はパソコンも開く気にもならず、早めに「お休み」の時もある。

でも今日は違う。仕事が終わって〇〇アスリートクラブで練習をしてきた。7000m(@5分/km)+1000m(ラストスパート)である。風もなく寒さもない。ランパン長袖Tシャツでスタート、もちろん靴は新しい「ターサージャパン」である。そして5分ペースをリードしてくれるのは真内コーチである。5分を切るペースでも集団は乱れない。呼吸も乱れる人はいない。いいペースである。余裕があるから真内コーチとも話しながらのペース走となる。真内コーチは福岡国際マラソンのBクラス(大濠公園スタート組)に出場するとのこと。マラソンの話をし始めたら止まらない。でもあまり話しこんで途中のラップが5分を越えてしまった。これも愛嬌だろう。

ラストの1kmは、個人個人の脚力に応じてロングスパートだ。ボクも余裕があるから思い切ってペースを上げる。履いている「ターサージャパン」は最高だ。もちろん自分自信のカカトの炎症が回復しているせいかもしれないが、大きくストライドでタータントラックを蹴ることができる。だからスピードに対しても余裕を持った対応が出来る。

そのラスト1kmが3分47秒は評価できる。かなりのレベルまで上がってきた。多分マラソンでも入りの25分/5kmは軽くクリアできる走力であろう。何となくフルマラソン3時間40分も見えてきたような気がする。いつもいつもマラソン予想は楽観的であり、何も根拠はないが、そんな予感がするだけ……。高笑いかごまかし笑いかは、10日後に分かることだね。
by hyocori-hyoutan | 2008-12-03 23:29 | Gアスリートクラブ

青島太平洋マラソン大会まで、あと2週間になってしまった。調子は走ってみなきゃわからん。でも準備だけはちゃんとしておこう。先日、中央区舞鶴のスポーツ店「ステップ」に行って、青島対策のグッズを物色した。レースに履くシューズは持っているが、イマイチで心が高まるシューズはもっていない。だから新規購入を考えた。これまでは、アシックスのターサーばかりを履いていて少し飽きた。靴全体の反発性はあるが、硬さが気になりだした。

今回の狙いは、ナイキのエアズームスピードスパイダーの購入であった。でも試し履きをするとクッション性はあるが、足入れのフィット感がちょっと物足りない。土踏まず付近の足型の緩みも気になり出した。すると、店員さんが「ターサージャパン」を持ってきた。
c0070439_21184673.jpg
「ターサージャパンを履いたことはありますか?」
「いいえ。ターサーなら4,5年履いていますけど。同じようなシューズじゃないんですか?」
「いや、ターサーと違って柔らかめのミッドソールを使っていますから、是非お勧めですよ。」早速、試し履きする。なかなか柔らかでカカトのフォールド感もいい。
「今年の青島はこれに決まりだ!」と購入を即決する。いつもは1万2000円くらいのシューズの3割引で9000円くらいの靴ばかり買っていたが、今回のターサージャパンは定価1万5500円が1万2500円であった。(20%引き)久々の高額シューズだ。大事に履くことにしよう。嬉しさのあまり、ノートパソコンの上にターサージャパンを載せて記念写真だ。

それと、ナイキ腕時計も購入した。先代のナイキウォッチは液晶が切れて修理中であり、新型のナイキウォッチも買った。これも8500円が7500円の値引きになっていた。腕時計のタイム計測は、メーカーやシリーズによって取り扱いが異なるので、慣れている時計はいいに決まっている。ナイキは、スタイルや使いやすい機能性が好きだ。うちのオクさんは、スーパーランナーズ腕時計が大好きであり、これだけは趣味が違う……。

さあ、これで青島の準備も整ってきた。もうオーバートレーニングの失敗はしないようにしよう。

でも青島の前に、もう1,2回は「ステップ」を覗いてみよう。気分が高揚したときは購買意欲も高まるもの。それにしても、「ステップ」は全商品値引きしているから、他店の値段比較しなくて良い。ランニング専門店が福岡にもやっと出来て嬉しいものだ。
by hyocori-hyoutan | 2008-12-01 21:55 | ランニング大会奮闘記