人気ブログランキング |

今日も寒い一日だった。いつも自転車通勤しているが、この寒さの中ではどんな重ね着をするよりも、手袋がなければ自転車に乗れない。ボクの冬の自転車スタイルは、スキー用の分厚い手袋をしているが、今日はその下に薄手の綿の手袋を重ね着した。この一枚がすごい保温効果を発揮する。脚は自転車漕ぎで温まり、体幹部はダウンジャケットでカバーをして、後の小道具は帽子と手袋でどうにか寒さを凌ぐ。

さて、午前中は室内での事務作業で体も温まった。問題は午後の仕事だ。博多区の山王公園付近、南区の区役所付近、早良区藤崎での打ち合わせ会に飛び回ればならない。思案した挙句……マイチャリで行くことにした。バスや地下鉄は面倒だ。仕事で使う軽自動車もあるが申込みをしてなかった。

打ち合わせの資料をショルダーバックに詰め込んで、スピードは7分目程度で漕いで行く。乗っているときは、寒さもそれほど気にならない。寒いといっても昼過ぎだし少しは温度も上昇したかな……。

途中、六本松に向かう桜坂の山越えもあったが、快適に漕ぎ続ける。日頃から通勤チャリで鍛えているからお尻も痛くならない。寒さがあるから汗も出ないのは、逆に好都合である。そのうちに西新商店街に出くわした。時々、エアロビクス遠征をしていた「ルネサンス西新」の前を通る。そのビルのスーパーは、いつの間にか「hallo Day」に店舗が代わっていた。

最後の藤崎での打ち合わせを終えたら、もう5時近くになっていた。急いで戻る。途中、黒門付近で女子高生が行列を作っていた。覗いてみたら「白いたい焼きや」さんだった。今日はもう30kmくらい自転車を漕いでいるせいか、妙にお腹が空いてくる。お土産に「たい焼き」をゲットした。

そんな一日であったが、家に帰って走行距離を測ってみたら約37kmであった。走る37kmもキツイが、自転車の37kmもキツイものだ。もちろん、その後もルネに行ってトレッドミルの上で13kmを走った。自転車で使う筋肉とランニングで使う筋肉は違うものかな。ランニングに影響はなし。そんな一日であった。ランと自転車ばかりで仕事してないみたいだが、今日の3箇所の打ち合わせで、明日の会議も上手く行くだろう。こんなのも一石二鳥というのかな……。
by hyocori-hyoutan | 2009-01-15 22:37 | 生活の知恵と愚痴

Gアスリートクラブの今年初の練習会(8000mペース走)である。Aグループは4'20"/kmペースだ。ボクも無理すればついていけるだろうが、控えめにBグループの@4'50"/kmにした。Bグループは7人で真内コーチがペースメーカーになった。外温度は4度くらいの寒波襲来で、風が体感温度を更に下げるコンディションだ。ウィンドブレーカーにタイツ姿で走り始める。参加者は全員防寒対策をした上での参加である。
c0070439_2123358.jpg
寒さのためおしゃべりもなく、走ることに集中できた。トラックを走っているから向かい風、追い風は交互にやってくる。追い風の時気持ちよく走り、向かい風は前走者を風除けに使って走る。

1km毎のラップは……4'52" 4'51" 4'49" 4'45" 4'46" 4'44" 4'38" 4'40"でトータル38'08"だった。7人ともに最後まで2列縦隊で推移していく。全員余裕ある展開であった。寒さのせいで汗もあまりでなかった。
c0070439_21112441.jpg
今年も出来るだけGアスリートの練習には参加しよう。いつものトレッドミルだけじゃ練習内容も単調になる。体調や走力を確認するポイント練習にすれば、また新しい走りが出来るであろう。そうそう,8000mペース走の後に、300m一本だけのダッシュがあった。このダッシュは年齢がでる。ビリであった。それでもタイムは62秒である。心臓の鼓動が高まるのが分かるほどだ。このダッシュ練習だけは、真面目にせず気を抜こう。年寄りにはキツイ練習だからね。
by hyocori-hyoutan | 2009-01-11 20:38 | Gアスリートクラブ

古い話題ですが、ブログを一本!
仕事納めの日は午後から年休を取って休んだわけであるが、仕事納め式の時に「永年勤続表彰」があったとのこと。もちろん職員数1万人近くの団体であるから、該当者全員を講堂に集めて表彰するわけでなく、それぞれの職場で表彰することになっている。これは毎年のことである。該当者とはgo!go!歳になった人で懲罰を受けていない職員が対象である。

つまらないことであるが、ボクもその該当者になっていた。しかし、何の連絡もなかったから表彰があるとは知らず、午後から休みを取って帰宅してしまった。職場のトップの役職者から表彰状を頂き、花束も用意されていた。わからないまま帰ったボクが悪いのか、連絡をしてこなかった人事担当者が悪いのか……。これは分からないし、どうでもいいことである。でも、そのことを年が明けてからも何も連絡、断りの言葉がないのは残念だ。

表彰なんてどうでもいいと……ふてくされて帰ってしまったと思われることが嫌ですね。人間けじめが大切だ。永年勤続表彰なんて誰でも貰えるもの、長く勤めれば誰でももらえるものかもしれない。でも、その平凡さを大切にしないと人生なんて意味をなさない。平凡に生きる……その平凡な人間が歴史を作っていくのだから。形式的なことは嫌いなボクですが、形式を無視するほどの無頼漢でもない。ちょっと残念な気がした。

でも、ご褒美に5日間の特別休暇ををもらえた。これだけは、常日頃の真面目さ(?)を発揮せず、自分の気の向くままに休みを取ろう。少しは自分の人生を振り帰る時も必要であるかな。もらった表彰状楯は、親への感謝の気持ちを添えて仏壇に飾っておこう。
by hyocori-hyoutan | 2009-01-09 00:01

今日も頑張って走った。ドッグランまでの往復17kmである。夜は来客がありオクさんは夕食の準備で大忙しである。オクさんが忙しい時に走りにでるのは、ちょっと気が引けるが勇気を持って飛び出す。家事のことはまったくせず、パチンコ屋や碁会所に出入りする甲斐性のない亭主みたいな感じかな。

走り出してみると調子は上々である。風邪は若干の向かい風であるが後半を楽しみに走る。フランクショーターの上下のウィンドブレーカーだからテンションも高い。雁ノ巣レクセンターは30分30秒で通過した。マアマアである。それからは、海中バイパスの一本道である。500km毎の路面表示で確認すると2分37秒で通過する。向かい風だからまあまあである。ドッグラン入口の折り返しは46分40秒程度……。

さあ、後半だ。前半無理してなかったから、ペースは少しは上げることができた。50mほど前にはゆっくりと自転車が走っていた。その自転車を目標にしたからペースは上がっていく。復路の雁ノ巣で1分ほど早くなっていった。このペースなら久しぶりの45分切りを意識する。このコースで45分切りはキロ4分50秒くらいのペースである。一人で平均ペース5分切りは調子が上がってきた証拠である。

さすがにラスト2kmの照葉の街はきつかった。でも、心で45分切り、45分切り……とつぶやきながら走る。その結果の43分45秒は立派である。この寒さの中でも走ってしまえば、ウィンドブレーカーの中は汗びっしょりである。そして、家に帰って体重計に載ると、思わず「上出来!」と叫んでしまった。今年も元旦から順調に距離を伸ばしている。その成果が体重計の表示に表れた。

これが正月休みの締めのランになった。明日からは、仕事にランに頑張ろう!
by hyocori-hyoutan | 2009-01-05 18:14 | 日々ランの雑感

正月も過ぎ去ろうとしている。今年は1月4日(月)が通常の仕事始めであるが,ボクは一日長い正月休みにして,今日の5日までが休みである。これだけ長い年末年始の休みがあると,サラリーマン生活が三十有余年になっても気が重いものである。といっても仕事を始めたら違和感なく打ち込めるはずかな。

長い休みの間に片付けをしたいこと,読んでおきたい本,勉強をしておきたいパソコンのこと……。いろいろあったが,結局何もしなかった。時間があり過ぎることは,いつかできると思いこんで何もしない。やはり,日々の生活の中で貴重な時間を見つけてコツコツと作業するしかないのだろう。

そんなことを考えていたら,退職後の持て余す時間を有効活用しようと思っても,かなり強固な意志がないとできないものかも知れない。「今できることは今する,先に伸ばさない」と考えることは大切だ。でも分かっていても実現できないのが心の弱さだな。今年も心の弱さと戦いながら,少しづつ邁進するしか方法はない。

年頭にあたり,コツコツ人生を「座右の銘」にしておこう!
by hyocori-hyoutan | 2009-01-05 12:51 | 生活の知恵と愚痴

朝5時30分に起床、正月の分厚い新聞を新聞受けから取り出す。まだ真っ暗な空である。道路は水溜りもあり小雨模様、みぞれ模様である。「これくらいなら走ろう!」と思い、元旦三社ランの準備着替えをする。今年はランニングリュックを背負っている。その中には着替えも入れている。そしてウィンドブレーカーの代わりに山用レインウェアを着込んでいる。これで雨や雪でも走り通せるだろう。

【家~筥崎宮5.5km:34分00秒】
水溜りを避けながら下を向きながら走り出す。時々突風と雪が吹きつける。寒さのため、走り始めてすぐに、手の先と足の先が冷えてくる。少し先が思いやられる展開だ。新年の余韻に浸れる心の余裕もなく「無」の境地でのランである。筥崎宮参道の茶店も開店しているものの客は少ない。昨年と同じくらいのタイムで筥崎宮にたどり着く。でも、ラン感覚としては昨年よりも余裕がある。
c0070439_21584784.jpg
【筥崎宮~櫛田神社3km:17分15秒】
筥崎宮からは、昔の電車通り沿いを通って東公園、千代町に抜ける。昔、25歳頃まで住んでいた街並みだから裏道にも通じている。何となく懐かしい気持ちを持ったまま、市民体育館横を通り過ぎる。空は徐々にではあるが明るさを増して来る。いつもこの区間はペースが上がる。今年も気分よく走っている。10km近く走って調子が上がるのは、日頃の走り込みの成果である。
c0070439_2235142.jpg
【櫛田神社~香椎宮10km:62分00秒】
櫛田神社では外も明るくなった。明るくなると雪もひどくなる。横殴りの雪である。粉雪からわた雪に、そして粉雪へと頻繁に天気が変わる。でもココまで来れば、ひたすら香椎宮を目指すだけである。毎年の三社ランではあるが、今年は特に好調だ。だから路面の小さなアップダウンも気にせずに走れる。コースは流通センター入口から左折して松崎中学校下を通り過ぎる。
c0070439_22102691.jpg
そして、このコースの最大の難関の山越え(若宮田~香椎神宮駅)に挑む。ここで大きな誤算が生まれた。毎年、山越えの後の直下コースでJR香椎線を越えていたのだが、今年は事故防止のために鉄轍フェンスが設置されており、横断が不可能である。仕方なく、山越えした道を引き返し、別ルートを選択する。その分のロスは8分程度かな。
c0070439_22155340.jpg
やっとの思いで香椎宮にたどり着いた。疲労感もなく快適に三社ラン達成だ。あとは、家に戻るだけである。恒例の梅ヶ枝餅を買う。今年はリュックがあるから10個パックの梅ヶ枝餅をリュックに入れて走る。
c0070439_2221741.jpg
【香椎宮~家2km:12分00秒】雪やみぞれに遭遇したが、足を止めるほどのアクシデントではなかった。最後まで走り通せたのは良かった。一年の年初めであり、元旦の計画を予定通りに達成するのは気持ちが良い。でもこんな悪天候でも走った以上は、来年以降も暴風雨にでもならない限り元旦ランは続けなければいけないかな。
by hyocori-hyoutan | 2009-01-02 21:41 | 日々ランの雑感