人気ブログランキング |

「政治の無知が日本を滅ぼす」の読書感想である。第1章から第4章までは、世界の歴史上の偉人、暴君の物語だ。面白いけど裏付けされた知識がないとなかなかついていけない。ただ、ヒットラーの登場した時代背景、第一世界大戦後の荒廃したドイツでの民衆の心を掴む政治術、そしてフランスやイギリスが厭戦気分の向上がヒットラーの野望について無関心やナチシズムの台頭を考えるのも嫌だったという現実逃避からのものであったのは面白かった。
c0070439_20294676.jpg
そして「第5章近代デモクラシーの政治倫理を理解せよ」につながっていく。普通の人間の政治倫理で政治家を律すると立派な政治家とダメな政治家の区別がつかなくなると定義する。政治指導者の義務は、国民の安全と生活を保障し国の繁栄と外敵から守ることである。さらに民主主義と国民権利を守ること。そのための諸施策を実行することが使命、つまり政治倫理である。少数者の意見を聞くことは大切であるが、多くの国民を守るためには、一般人の倫理に反することもやらなければならない。賭博とか女性問題は一般人の倫理観ではだめかもしれないが、国のリーダーたる政治家が上記のリーダーの果たすべき役割以外のスキャンダル出の失脚は国家のとして弱体につながる。
政治家の倫理と一般人の倫理感の混同が今の日本を覆いかぶせている。

by hyocori-hyoutan | 2019-01-23 20:43 | 読書

平等、自由、人権のことばについてのグローバルな視点で述べられている。全般には日本の抱える問題点を多方面から記述されているが、あまりにも莫大なので前記の3つの言葉について自分の備忘録として記載したい。
c0070439_17352826.jpg
平等…「みんながいつもおんなじでなければならない」ことではない。競争開始時点での諸条件の平等(法の前での平等)であって、資本主義社会は自由競争の社会だから、自由競争をくぐり抜けたは不平等になっても仕方ない。いつまでも平等というユートピアの世界はないのだから。
自由…日本人は何にも拘束されないこと、宙に浮いている状態みたいなものを自由と考えている。西欧の自由の発生した背景は、王制など絶対権利がある中で、その権利に左右されない、自分の権利が縛られないのを自由という。つまり、自由というのは、「自分を縛る権限からの自由」であり、激しい争いの中で獲得した権利といっていい。国家権力が強いときにその暴威から個人の権利を守るのが「自由」ということ。だから国家権力を否定すれば「自由」はなくなり社会は不安定化、崩壊の兆しということ。
人権…こどもの人権など、女性の人権みたいな使い方をしているが、そんなのは人権ではなく「特定の属性」に与えられた特権にしか過ぎない。人権というから犯すことのない尊いものと考えがちであり、特権といえば、それを与えてくれた社会に感謝の気持ちが出てくるのかな。人権とは人間として生まれたならば、誰でもが持っているはずの固有の権利にしか過ぎない。それを社会生活上の不平等といったら、人権の安売り、社会の崩壊になる。

このような平等や自由、人権という言葉の混乱を招いてる原因は教育の理念方針がないこと、それを支える倫理、道徳、そして宗教的なバックボーンがないことと結んでいる。日本は再生するには目標が共有できる教育、そして日本人の心の中の宗教を再生することになる。


by hyocori-hyoutan | 2019-01-23 18:00 | 読書